*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
Jocv辞退
青年海外協力隊の辞退を行いました。

理由はいっぱいあるのですが、
うつの精神状態というものが大きく、
今の私には、それを乗り越えてまで、これをしなきゃしねない!
みたいな自信が全くなかったためです。


詳しくはまたそのうちかきたいとはおもいますが、
しばし隠居生活送ります。 ---


★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜ 


危険から守られることを祈るのではなく、
恐れることなく危険に立ち向かうような人間になれますように。

痛みが鎮まることを祈るのではなく、
痛みに打ち勝つ心を乞うような人間になれますように。

人生という戦場における盟友を求めるのではなく、
ひたすら自分の力を求めるような人間になれますように。


恐怖におののきながら救われることばかりを渇望するのではなく、
ただ自由を勝ち取るための忍耐を望むような人間になれますように。

成功のなかにのみ、あなたの慈愛を感じるような卑怯者ではなく、
自分が失敗したときに、
あなたの手に握られていることを感じるような、そんな人間になれますように。
★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜ 


ルビントラナート・タゴール---

3年ぶりの果たし状★伊豆大島!
昨日は素敵な人と一緒にカレー食べてました。

これから伊豆大島に卒業旅行でいってまいります(?'ω'?)♪

久しぶりに股関節ネタ★
2009年3月5日
私の股関節が生まれ変わった日です。

そのときに、退院してすぐに伊豆大島に行く話があった。

でも流石に伊豆大島には。。みたいな感じでNG(´・ω・`)

それが卒業旅行として、
二泊三日でこれからいってきます((o(´∀`)o))ワクワク
カバン一つで身軽ちゃんですが((o(´∀`)o))ワクワク
研究室のみんな六人と一緒に出発!

20120227180504

★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

気持ちの整理。
洗年經年否
光華得再清
所求終吉利
重日照前程

(奈良の大仏様=東大寺のおみくじより。)

◆10月◆
20日(木)留置所の経験のある男の人とお食事、
21日(金)に知り合いの起業家の方と夜お食事
22日~23日(土・日)大阪!奈良!!!!
28日(金)日銀のある社会人の方とお食事?

夜行バスに乗り込み、22日から大阪へ。
今来年の大学院もどうするのかも決めていない私。
研究に、バイトに、正直いっぱいいっぱいだった。
最後までバスを予約するのを考えていたくらい。でも、行けてよかった。

ひっさしぶりの???【リア充】???
10月22日(土)~23日(日)
奈良、大阪に行ってきました!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 大 学 生 の 修 学 旅 行!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大学2~3年次に入っていた議員インターンシップを仲介する
NPO【ドットジェピー】のメンバーと一緒。
そのメンバーがすごいこと、すごいことww
北海道/仙台/福岡/名古屋/金子@関東の5人が大阪で大集合。

アメリカンエクスプレスのwebを今日みてみた!
【絆を形にする。】 【きづく絆。】
なるほどな、って、思った。
大阪城に、園芸で"絆"という文字があって、今そのことを発見した!

昔の友達。
私はその友人たちと、途中まで同じ道を歩んでいた。
しかし、あるタイミングやきっかけで別々になってしまった。
そういった共通点もあり、異なる生活を送っている友達の話は、
私に新しい視点を与えてくれた。

22日(土)
朝大阪着⇒幼なじみとお茶、と思ったら、医学部編入を目指す先輩を紹介してもらうw
10:30 みんな集合!
11:30 大阪城、天守閣!回転焼うましww
13:30 アメ村、心斎橋!たこやき4件食べ歩き?
15:30 梅田へ
16:30 通天閣!
19:30 串カツ~?
20:00 宿へ。ゲストハウスでまさかのネパール人と。
    大富豪をやりながらのお泊まり会??

23日(日)
8:50 近鉄日本橋⇒近鉄奈良へ。奈良公園の鹿にわくわく?
9:30 興福寺~みたらしだんご?
10:30 東大寺!まさかの奈良の大仏3回目!でも初めて、柱の中に入りましたww
13:30 お昼~茶粥?
14:30 春日大社にて!鹿と戯れる!よもぎ団子/くずもちめちゃうまし?
15:30 おかしやさん。オーナーの人とブルキナファソトーク!/御霊神社!恋みくじ?
16:00 土砂降りの中雨宿りしながらSUNKYプロジェクト!
17:00 解散⇒大阪駅へ。幼なじみと昨日ぶりの再会。大阪駅の屋上にての、夜景を観ながらお話。
22:00 夜行バスで東京へ。

しかもねーNPOの時は半年間でずっとインターネット/電話でのやりとりでした。
半年間終わって、会ったのは1回だけ!
その後NPOスタッフを続けている子もいれば、そうじゃない子もいて、
1年半ぶりの実質上の再会。
同窓会旅行的な感じでした!
尊敬していて、[家族]でもない、[友達]でもない、心のよりどころ。
思う事は色々あるけれど、みんな個性の違う5人がこんな風に集まれたこと。
半年間の付き合いなのに、時を超えて、昔の自分がそこにいて、
すごい不思議な、最高の2日間を過ごしてきました。

他の4人に感謝をしつつ、もしかして自分も何かができたのかな、って思ったりする。
一人でもかけたら、何も出来ない。
"社会の歯車"が好きで、高校の卒業式の答辞でも読んだくらいだけれどね。
自分の存在が何かになれば良い。支えて、支えラレテ、お互いに助け合える存在。

昔の自分に戻れた事は、すごいことだった。
奈良、平城京。古きを知り、前に生きていける。
歴史のすばらしさは、金子浩子、という22歳の人生の伝記にも通じる物がある。

最後に手紙交換もしたんだけれど、その言葉に、本当に感動した。
こんな、何もない、金子に、
声をかけてくれる人たち。
支えてくれる人たち。
励まし合える存在。仲間。

心から、ありがとうを、伝えたい。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 生 命 力!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拒食症になってとげとげしている自分はまだいる。
過食症になって落ち着いたけれど、馬鹿みたいに食への執着心は強いものがある。
再びバイトをはじめたことによって、
時間の大切さは実感できるようになってきた。

昔と違ってひがみがあったり、馬鹿な自分だけれど、
当り前の事が出来ない大人が多くて、正直こういうものか、と落胆してしまった自分がいる。

社会の現実をみたら、自分も手を抜いてしまった自分もいた。

それでも、自分の本質は変わっていない。
・太陽のあったかさを感じる
・人と話す楽しさを感じる
・大学への通学路で、朝歩いている人と挨拶を交わせる。

太陽の光に祝福され、人生をゆっくり楽しんでいる。

昔は何に対しても一所懸命だった。
一つの事に一所懸命だったら、他の事も頑張れる。

社会は不平等で、
すべてをすべてそうしなくても、"要領"のよさを生かせる社会がある。
だからこそ、自分もそういう社会に適応するようになってしまった。

しっかりと悪い気持ちを改めて、
毎日しっかりと歩いていく。その大切さ。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 計 画 力 !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究をしていて、教授にいわれたけれど、
金子さんは計画力がないね。って。

「計画性がない」
そんな私もまったく計画性がないわけではないw
ぶっちゃけ、"いたずら好き"なんだと思う。
そして、"守るもの"がないんだよね。
何か守るものがあれば、それを大切に頑張れる。

もちものとか、
どうにかなる、と思っているから、計画しない、ということもあるのかもしれない。
股関節が悪いときには、
例えば買い物していて
「股関節が痛くなって歩けなくなったらどうしよう」とか、
スーパーでの買い物のときでも、「あれとこれを買ったらどれくらいの重さだろう」とか、
そういうことばっかり考えていた。

そう。
計画を立てようと思えれば立てれる。

そもそもさ、計画の立てる意味って何だか知ってます?
時間を有効に活用するため。
なのに、いわれたままに計画を立てますか?w
と自分は一人心の中でつっこんでいた。
計画を立てない事によってcreativeになれる、というメリットもある。

【目的】と【手段】が入れ替わっている日本。
・大学で何を勉強するか、よりも、卒業することに意味がある。
・レポートを出すことに意味がある。
・テストで高得点をとることに意味がある。
・大阪にいくことに意味がある。

大阪にいくことに意味はたしかにあるのかもしれないけれど、
そこで【何を、誰と、どうするか】の目的を意識することによって、
人生は、何倍も、何倍も楽しくなり、意味のある物になる。

ああ。今すっと、納得した事があった。
いままで日本にいたとき、力を抜いていた、というか。
「別に本気を出せばできるもん」といういい訳をしながら、
すべてのことに一所懸命ではなく、否定してきた自分がいた。

小学生みたい。

計画を立てようと思えば立てれる。
そしたら、立てちゃえばいいんじゃないか。
まてよ、でも、計画を立てるメリットは?デメリットは?
その判断を客観的にできているのか?

こういう見方もある。
>計画とは「将来への意思」である。
>将来への意思は、現在から飛躍し、無理があり、
>実現不可能に見えるものでなくてはならない。
>現在の延長線上にあり、合理的であり、
>実現可能な計画は、むしろ「予定」と呼ぶべきだろう。

大学の実験においては、
"実験計画"よりも"実験予定"であると感じる。

改めて思うのは、私は、"普通"の人とは、違う思考回路を持っているのかもしれない。
そして、それは、使い方にとっては,この上ない"強み"なのではないのか。
誰にでも、弱みはある。
それをどう強みに生かすかどうか、が求められているのだとも思う。

大学の研究室にはいろんな試薬があるのだけれど、
(昨日私はツベルクリン用の注射針をつかって、貝から血液を採集していましたw)
【 your power for health 】
この私の力が、何かのために、[for]できたら。

>モチベーションの源泉のパターン分類。
>一.他人と比べて自分が優っていたい。
>二.自分の理想と比べて自分が優っていたい。
>三.他人や社会にダメな奴と思われたくない。
>四.他人や社会の期待にされたい。

これを読んで、私は、【四】だな、って思った。

毎日いろんなことを考えて、
悩んで、
ぐちゃぐちゃな日々。

昔からの、根っからの真面目さ。知的好奇心。
要領の良さを覚えた、今の私が、"世界をよくすることに力をさく"ことができれば、
>四)"他人や社会の期待にされたい。"
未来へとつなぐことができたら、
私はもっと、自分でも生きやすくなる。

バカ正直な自分も悪くない。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 強 み
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・パワフル
・枠にとらわれない生き方
・行動力

幸いな事に、金子には、【知的好奇心】という大きな強みがあるのかもしれない。
「楽しそう」とか「わくわく」とか思えるところ。
その思いは、他者の目を気にすることなく、
自分の軸を信じて生きていける。

迷うだけ迷って、覚悟を決めたらひたすらやりきる。
"やりきる!"という大切さ。
それが、大学4年の今、求められているんだと思う。
研究室での研究とかも含めて。

いつになっても、どこにいっても、私の【強み】をそのままもっていたい。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 自 己 分 析
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
汚れてしまった私がいる。
適当にこなすことを覚えてしまった、怠け者の自分がいる。
教職の授業でも先生からそういわれたしね。
苦笑いな関係(笑)

頭がよくて努力する事 = 努力することが苦痛でも何でも無い。

伝える。
いろんな人といっぱい会ってお話してます。

人に自分をアピールする、ということは、
知識の整理や強化、体系化に大きな役割を果たす。
そんな時間を共有する事で、私は反応や発見を得る事が出来る。
一人の人間が考える事には、気がつかない限界がある。

相互作用こそ、インスピレーションを生み出す鍵。

自分を守る為に、時間やお金を使う。

いい加減アフリカから離れよ、とか思うかもしれないけれど。
アフリカで、基本的な信頼感を失ってしまった。
人を信じる事も、
自分を信じる事も、
いままで自分が得て来た経験も。

私は見所をたくさんもったいい人なのだろうか。
磨き方も分からない、自分。
虚無感に襲われて、何が出来るのだろう、何を酢べきなんだろう、かと、考える。
それはすべて、
◆もっと自分に何かが出来るはずだ、
◆今よりももっといいところへ行きたいんだ!
と思っているからこそ、産まれる情動。

◆理想の姿
社会の役に、誰かの役にたっていると実感できたとき。
"自分"だからこそできた何かがあるとき。

◆何をしているときに力がみなぎるのか?
知的好奇心。基本おもしろいんじゃないのか!とか。自分で自由に考えられるとき。
実験とか、先輩と同じことを、ただ本で見た通りにやって成功する、とかより、
失敗の連続で何も無いときから工夫してやってみるほうが面白い。
"試行錯誤"が好き。

◆自分にとって「これこそが自分の人生!」といえることは?
大学3年のときに、ネパールに3週間行き、日本人初めて!という
山奥の小学校に行き、"浩子がきてくれてよかった!"といわれた事。
今、就職活動せず、ツアーでなく、海外に行き、
孤児院ボランティアをしている自分が、特徴的だとも思う。

◆弱音の中にある、真実とヒント
・今の"駄目だ"は、なんで駄目?
・理想の姿に近づくまでに出来る事。一歩一歩。
・考えた事を十個する。

やれることはたくさんある。
だからこそ、一つずつ積み上げていく事が大切。

>後悔も弱音もやってみてからそれからでも遅くない。
その言葉を信じて、自分がアフリカでやってきたことを、認めてみる。
経験知的に赤ちゃん。
だからこそ、成長の機会⇒ピンチ、というチャンスなのだと思う。
失敗するのが当り前。失敗して、それからが、スタート。

恥部も患部も曝け出し敢然とその解決に当たる。
それが、前に進む事なんだろう。

教職の先生が言った一言。「諦める時間が必要だった。」
この言葉はすごい大きなものがあったよね、私に。
人間、何かができて、何かができないから。
時間も有限だから。

怠け者は駄目。
授業のさぼり方、人生を楽していきる方法を覚えてしまった私。
だけど、これからだ。
これを、正の方向へ生かせれば、私は勝てる。

栄光を振り返って、心を開いて、本当の事を正直に話してみる。
自分の価値基準で判断して、先んじて行動する。
決して、恐怖や拒絶に負ける事無く。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 変 化
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、私は変化している。
変化とは、自己との対話。
生産的な対話が、素晴らしい結果を生み出すはず。

◆9月中旬
群馬大学医学部医学科 二年次学士編入 敗退。
◆10月末
秋田大学医学部医学科 二年次学士編入 敗退。

悔しかった。
ホームページをみて、そこにない、自分の受験番号。
秋田大学は、
・書類選考で160人⇒20人に絞られ、
・最終選考で20人⇒5人に絞られる。
せめて書類選考くらい勝てるかとは思っていたから。

一方で、『名誉欲』とか、
そういう未来に生きるのに邪魔するものを
手放すきっかけにもなったのかもしれない。

ほんと、ちょっと前までの自分は過食をして終わっただろう。
それが、昨日は適度で終わった。
研究室の同級生に、ちゃんと気持ちを伝えられるようになってきた。

アフリカで失った"基本的信頼感"。
自分が過食症になり、信じられなくなって、
そんな過食症の自分だからこそ、台湾の人にはぶられ(当り前だよなw)、
旅仲間にも私の存在を否定され、
想像を超えた、アフリカの旅の難しさに直面し、
何もかもが信じられなくなって、"無"になって、帰ってきた。

だんだんと、人前で、涙をながせるようになってきた。
「お腹すいた」「幸せ」「悔しい」「眠い」
そういう感情をしっかりと表せるようになってきた自分。
それは正直、私にとって大きな成長。

秋田大学の不合格。ネットでの結果。
結果がわかってから即親にメール。

その後、夜、親から電話がかかってきて。
「ごめんね」
と泣く私に対して、母親は、厳しく、私を戒めてくれました。
「めそめそ泣いているんじゃないよ。
 もっと、しっかりしなさい。」

お母さん。ごめんなさい。
将来やりたいことも分からず、どうすればいいか分からず、
やりたいことばっかりやってきた私でごめんなさい。
責任はしっかり自分でとらなきゃいけないのに、
悔しさを周りのみんなになぐさめてもらったりしている自分がいる。

アフリカから帰ってきて、確実に変わりつつある自分がいる。
よく、成長曲線だったり、自己啓発に関して、

"変わるきっかけの経験をして、その経験の
2倍以上の時間が経過して、自分の身になる"

と言われている。
1時間の授業が身に付くには、1時間の予習と1時間の復習、
つまり、1時間の授業と、2時間の自学自習が必要なわけだ。

これに金子も付随するものがあるのかもしれない。
1ヶ月半のアフリカを終えて、
8月の後半、9月、10月を終えて、やっと2倍の長さがたって、
成長しようとしている。

摂食障害になり、肉体的に、精神的に、壊してしまった自分。
"壊れてしまった"ではなく、"壊してしまった"のだ。

昨日、重度訪問介助のアルバイトをしていて、
脳性麻痺の人と語りながら、夜を明かした。

「そう簡単に医者になれるわけないだろう。」という正当派な意見。

人生甘くない。
楽に手に入れらるものほど、その価値は低くくなる。

誰もが自分にしか出来ない事をしたいと思っている。
でも、その勇気が無かったり、一歩を踏み出せなかったり、
自分の生き方を見つけられないのではないだろうか。
新卒の半分が会社をやめると言われているこのご時世。

自分のやりたいことをしていきた。
「金子浩子」にだからこそ、できることを、探していきたい。

マザーテレサとか、アインシュタインとか、
世の中で結果を出している人は、どちらかというと、
やりたい事をやっているのではないのか。
結果的にやりたい事をやれば、その結果、届くものがある。

人々の笑顔をつくる仕事がしたい。
メリハリを付ける。
人生をパワフルに生きて、
精神的にも、肉体的にも、安定し、
あなたの周りの人々を明るく照らし、楽しい人生を歩んで生きたい。

「強くなる」には時間がかかる。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・★
┃ 将 来
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来年、相変わらず決まっていない金子です。

もし【留年】という道を選ばなければ、あと4,5ヶ月で
大学を卒業することになる。

大学は社会に求められる人物を育てるための職業教育の場であると言われている。

果たして、自分は大学で身につける事を学んだのだろうか。
果たして、自分は"大人"になれたのだろうか。

今までいっぱい自分を傷つけてきた。

人間の脳は数%しか使われていないらしい。
その数%を悩みや悪い自己イメージで埋めてしまう事はもったいないこと。
私の頭の中で悪いイメイージが占拠していた部分が解放されたら、きっと、
とてつもない可能性とエネルギーが爆発するはず。
そして、
「毎日秒接している自分」を傷つけない人は、他人を傷つけない人になる。
【為人】の尊敬できるしっかりしたリーダーになれる日を目指したい。

将来不安定な私。
だけど、この職がある、とか、この大学院がある、とか
そこは妥協したくない。

そう、一度落ち着いて考えれば、いくらでも道はある。
議員秘書になるという手もあるんだってことをfacebookで
ふと思いついた(笑)それくらいの経験をしてきたわけでねw

自分は精神的に弱いけれど、一方で、ある程度の度胸はあると思っている。
それは海外で身につけたことだったり。うん、好きな事をして
その過程で辛い思いをしてきて、
人知れず、いろんな思いをしてきたから。
経験の数では、そこらへんの学生には負けないはず(笑)

失敗の恐怖。これこそが、私たちの新しいチャレンジを阻害する大敵。
・笑われたらどうしよう。
・他人の目が気になる
そんなことが、頭の中をぐるぐる回り始めている。

世の中には、何の保証も無い事があふれている。
保証の無いところからスタートして、物事を成し遂げられている事が求められているし、
保証があると思っていても、刻一刻と変化する状況の中で、
その保証が無意味いなってしまうことだってある。

やりたいことを、やって、今、この瞬間にベストをつくすしかない。

・青年海外協力隊(JOCV)
・台湾の大学(Taipei Medical University Graduate School)
・長崎大学大学院
・横浜市立大学とかの大学院もあるし。

自分が考えているのは、"経験"の怖さ。
限られた人生だからこそ、自分にとって、必要なものを学んでいきたい。

"環境が人を変える。"
だからこそ、レベルの低い、適当なところにいったら、それはそれで終わってしまう。
自分も落ちぶれてしまう。
できれば、成長したい。

何を学ぶかは大切。
そして、誰と学ぶかはもっと大切。
さらにどこで学ぶかも大切。
それを通す事によって、
明らかに自分の枠組が壊れ始める。

マインド変化が楽しみな自分になる。

百聞は一見に如かず。
百見は一体験に如かず。
体験に勝る学びはない。

辛い苦しい体験も自分自身で意味づけし、
リフレーミングできれば未来を変える強力な資源になる。

それが、アフリカから帰ってきた私に求められているんだと思う。
自分でどう消化するのか。

人間の感情は2種類しかないと言われている。
【愛】と、【恐怖】。
周りから無価値と思われる事への恐怖、
失敗する事や傷つく事への恐怖。
自分の安全な範囲外にでる恐怖。

余計な考えや感情を捨てて、
「今」「この場所」で「目の前の人」の「話題」に向き合う状態。

今、生きているこの一瞬を受け入れよう。
なぜなら、その瞬間は、もう二度と、訪れないから。

「過去」というのは、人間がこしらえた一つの考え方。
そして、「未来」も同じ。
今にしか生きれない。だから、それを受け入れよう。

人は今を頑張ることしか、できない。

自分を信じる事で、未来がはじまっていく。

そして、

  未来への期待を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 重要なことは、自分の心と直観を信じて突き進む勇気を持つ事だ。
 心と直観はなぜだか、君が本当になりたいものを
 すでによくわかっているものだ。
                  (スティーブン・ジョブス)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


20111029124114
これから大坂!
さきほど、教授とお話してきました。
実験計画の相談をする一方で、
「進路相談は大丈夫?」の一言に号泣。

改めて、私だからこそできることについて考える。
股関節の手術を経験して、
伝えられることもある。
何より、
自分は行動派なのだと思う。

股関節が悪い、というのは、
正直私のとって大きなアイデンティティだ。

昨日は、留置所に入ったいらっしゃった方と。
今日は、若者の支援をしてくださっている方と、
お食事しておりました。

いっぱいいろんな失敗や過ちをした
自分だからこそ、
罪悪感や
人の痛みをわかる人間になれる。

そして、
今弱さに気づいて、
自分の向かうベクトルが
確認できたことは、
この上なく幸せなことと、
28才の起業家の方はおっしゃった。

誰にも負けない強さが欲しい。

自立した人間になりたい。

守りたいと思えるものがあることが、
人を大きく、強くしていく。

そして、
自分の大切なものが
何かをわかっている人の芯は、
ぶれない。

そんな強さをほしい。

これから、大坂にいってきます。
大学二年のときに、関わっていた、
NPOスタッフの仲良し同期と、
ひさしぶり、一年半ぶりの再会、

正直、進路がきまっていない自分には、
輝かしい未来がある人たちとは
違うけれど、
会いにくいけれど、

その間を医学部学士編入入試の勉強や
大学の研究に時間を投資したいけれど。

一回頭をからにして、
無邪気な自分に、
たちかえりにいきます。

★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’


自分と向き合って。
太ったころいど大公開~。痩せられるのかな。。。

写真はこの前の上野にて~★
 [神田達磨]
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13059514/
みずみずしい餡子に、ぱりっとした皮。粒餡は適度な甘さ。
私はクリーム味を食べたのですが、もったりとした食感で和洋スイーツ、な感じでした?

昨日はひさびさに30分ジョグをしてみた!
夜22:30になって郵便局にいくついでに、ジョギングシューズを履いて
郵便局に行くついで、遠回りしながら、という感じ(e・ω・e)
昨年の11月23日のふつう約半年ぶりのジョギング。
やっぱり左右の差は感じるけど、別に股関節が悪い、のような直感はなし。

さてさて。研究室生活は続いてます((・ω・))ノ
だんだんと自分の甘さが見えてくる。
さっきまで研究室で実験をしていて、
思ったような結果が出なくて、
一方で先生に求められたものに答えられない自分がいて。
すごい、悔しかった。

「自立」も、
「自律」も、
できない自分がいる。
将来どうしよう、的な。

でも一方で、今日思ったのは、「案ずるより産むがごとし」。
迷っている間が一番苦しいのであって、
でも、迷わなければ、なっとくした答えはでてこない。
悩んで、もがいて、そして、一つの結論を出す。

人生、時間が経てば立つほど、当り前の大切さや、身の回
りのことに関心をもつようになる、って聞いたけど、
それは、もしかしたら、
周りを見て、めぐりめぐってここに戻ってきた、
という情報なのかもしれない。

どうすればいいのか、わからない、時が、一番辛い。
そこにいたるプロセスが分かれば、乗り越えられる。
医学部の勉強でも、青年海外協力隊の応募でも、同じ。

ここで弱って、腐ってしまう人間は、腐って終わりなんだ。

アフリカから帰ってきての今。
だんだんと、変わってきている自分がいます。
過食嘔吐でストレスをごまかしていた自分。

過食は私の体を傷付ける恐ろしいものであると同時に、
私を傷つける人や言葉から私自身を守る、ギブスのようなものだった。
傷付きそうになるたびに、食べ物を詰め込んで、痛む胃を抱えながら
丸くなって眠ることで、嫌な出来事を頭から締め出していた。
そのギブスとしての過食を、傷付く言葉に対処するすべを知らないうちに。
傷付く出来事があっても、逃げ場がなくなってしまった。
そのことと、その後うつになったことは、全く関係ないとは言えるでしょうか

傷付いたとき、感じた喪失感や拒絶感、
心の痛みから逃げない。
そういうとき、過食したり本の世界に逃げ込むことが多かったので、
そうせずに、そういう気持ちをじっくり味わうようにしてみた。
そうしても、自分は壊れなかった。
そんな自分がいます。

少しずつ、歩いていこう。この足で。


20111020184613
プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク