*All archives* |  *Admin*

2012/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
せーしんか(補足)
2012年1月
先ほどの記事についての補足。

精神科の先生に相談する前は、
「鬱病だー」「病気だー」っていって
「病気を甘く見るなよー」
とかいってたくせいに、

いざ精神科の先生にみてもらって、
「くそー、あなどられたw」とか
「負けてらんねーぞー」などとか
自分が馬鹿みたい。。

結局は精神不安定で
それは自分の問題、ってゆーのかな。

なんか、あきらめがついた。
そーゆー意味でもすっきりした。


「股関節」に関しては、私はあきらめがついている。
もちろん、いい意味での、あきらめ。
「個性」としての受容。

この鬱的な症状に対してもそうなりたい。

周りに対しても、自分に対しても、優しく、強くなれたらいいな。
せーしんか
2012年1月25日
えー学校の精神科の先生による診断をうけてきました。

非定型うつ病および摂食障害。。


なんか、思ったのと全然違いました(笑)
まず、私が本当に鬱病かってこと。

非定型鬱病=適応障害らしい。
抗不安薬が有効だとかどうとか。
日常生活で困っているなら、みたいな感じ。

摂食障害の自分に対して
「早食い」はどーとか、「ガムが有効だ」とか、

いやいやいやいやww
こちらのほうがダイエットの経験ありますからww



ふーん。

なんか、損した感じがする。

いつまでも病気にとらわれていられない、っていうか。
すごいなんか見下した感がすごかったww

自分の症状を伝えると、
「よく分析できてるねー」とかとか。
いや、先生、こっちは必死なんですよ?www

ネットや本で調べた「精神科」・・・なんとなく違和感っていうか。

だめだ、また出た中2病・ω・)




私は、私らしく進んでいくしかないのかな。
一歩ずつ、一歩ずつ。

そんな感じがするこのごろです。

写真でたどる金子の海外の軌跡(4)
写真でたどる金子の海外の軌跡(4)


これでラスト!完結編です☆☆































写真でたどる金子の海外の軌跡(3)
写真でたどる金子の海外の軌跡(3)
その3です!
































写真でたどる金子の海外の軌跡(2)
写真でたどる金子の海外の軌跡(2)

つづきいきます:)















写真でたどる金子の海外の軌跡(1)
☆写真でたどる金子の海外☆

1月20日(金)
ころいど@非定型うつ病みたいです。
泣きながら、笑いながら、でもなんとか生きてます。
今は卒業論文に追われながら、実験をしながら、という感じですね。


久しぶりにポジティブネタを。


18歳のときに、
「あと10年後歩けるかわからない。」

という股関節をもった私が、
手術を受けたことでどう変化したか。

ということを写真の軌跡で:)

どんなに悲しくったって
どんなに傷ついたって
信じることが一番大切だから

とりあえず第一弾でいきたいと思いまーす。


━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯■□■
 ┌─┴──────────────────────────┴──┐│                           │
 │ 写真で振り返るころいどの海外(1)│                         │└───────────────────────────────┘

     


             ┏┛ ̄ ̄┗┓
             ┣┳┳┏┻┃
             ┃┃┃┗┳┛
             ┗┻┻┫┃
                ┃┃
                ┗┛





















過食嘔吐。
2012年1月14日(土)
新しいmacbookをgetしました!
Mac Book Pro の13inchです!
快適、快適ーすばらしす!!本当に:)

今日は大学の研究室のメンバーで、
教授と同学年の友達と、私の3人で
小田原→真鶴へ。

研究材料である、「貝」を採取するためです。

今は「環境毒性」の「遺伝子発現」について、
分子生物学的に調べています。

正直、今の研究を続けていたい。
もっともっと、勉強したい。

でもね、
こころの病気になってしまった。

 「まさか、私が。」

って思ったけれど。





ダイエットをきっかけに、
拒食、過食、過食嘔吐。今は肥満に近いww

そんな今私は、
「人間をやめる」のか
「勉強をやめる」のか、
って選べっていわれたら、妥協案の実家に帰って、
国立大の院で勉強するしかないよな、って思った。

だから、東京薬科大学の院をあきらめて、
群馬大学に、いくしかないのかなって。


過食症完治のための三つの覚悟

☆病気と決別する強い覚悟
☆治す為なら何でもする覚悟
☆今できる最大限の努力をする覚悟

これをできる環境を探すしかないから。
まずは健やかな心と体を求めたいと思っています。
死ぬ理由
2012年1月13日金曜日

大学の研究室の研究班のmtgがひと段落。
これからまた調べてどうにか実験をしていきたい。
目指せ!TLR4細胞^ω^)ノ

生きる理由が見つからなくて、
ってfacebookで書いたら
[死ぬ理由もないですよ]ってきた。

ごもっとも。

足の病気を経験して、
そして、心の病気も経験して、
今の私にだからこそ、見えるものがあるのだろうか。

ブログ新しいのに移行しようかな。
そろそろいろんなことまとめようかな、って思ってます。




*身体が健やかだからこそ、私たちは元気に働ける。
*心が健やかだからこそ、私たちは家族にあふれる愛を注ぐことができる。
*地域が健やかであるからこそ、私たちは異なる価値を持つ隣人を愛せる
*世界が健やかであるからこそ、人は生きることができる。



国際開発への道
1月6日金曜日

久々の生理到来。
アフリカに行く前に、生理が止まって、
アフリカから帰ってきて久々の生理・ω・)
教授と一緒に実験して隣で寝るんだからいい度胸w
そして立派なPMSだな。月経前症候群ってやつ。
食欲はあるわ、眠いわ、体力はないわ、大変大変。



国際開発の人たちが集まるオフ会にお邪魔してきた@市ヶ谷JICA研究所

詳しくはのちほど書きたいのですが、
自分の方向性などが、やっぱり、人と話すことで
分かってくるような気がしています。

「衣食住」がきちんとしていないと、
自分の心に生きがいを感じない。
生きる心地がしない。
自分に余裕がないと、周りの人も笑顔にできないから。


「考えすぎない」って、大切なことなんだな、って最近友達と話しながら実感。
吐き出すことで思ってたことよりも軽くなることもある。

今まさにダメンズの方向へ走っている私
中学、高校ってそれこそ、優等生でありたくて
反抗期を逃してきてしまった。

それが、大学で、しかも今になって大爆発。

まず大学さぼることからはじまり、教授との実験の約束はさぼるは、拒食症、過食症になるわ。

いろんな失敗をしてきてしまいましたが、
それを今度は生かせるようになれればいいな。
2012年始動。
2012年1月2日
去年は、「木を見て森を見ず」な時期だった気がする。
「sustanable」ができなかった。

アフリカいったり、
バイトに打ち込んだり、
献血で倒れたり、
摂食障害になったり、
進路に悩み、

常に、がけっぷちでいきていた気がする。
いつも、
「今がよければいい」
の思いだった。

嘘ついた。
自分に、周りに。
そしたら、
自分も、周りも、見えなくなった。

嘘か、真実か、が見えなくなっていた。

すごい、悲しくなってしまった。


目標
【1】腹筋30回!
【2】しっかりとした食生活!(ちょっぴり痩せる。)
【3】焦らない。
【4】TOEIC 800点, TOFELiBT 82点!
【5】素直になる。謙虚さを持つ
【6】自分に投資する。
【7】生き抜く。

本気で人文の人生に向き合うことを恐れない。
避けるから恐怖が増す。
人は変えられない。だからこそ、
自分を変えるのをあきらめない。
変化は自然なこと。
逆に、変化を恐れるのは人間の思考的なこと。

スピードの違いはあれど、必ず、いい方向へ向かっている。




「経験豊富」とは、
 たくさん考えるんじゃなくて、
 たくさん考えないということ。
経験を積むことによって、不必要な情報は捨てられる。
足し算の蓄積で経験が生きるということではなくて、
無駄なことを省くことができるというのが、
本当の意味での経験を生かすこと。

なんでもかんでも手を出して、
気が付いたら目の前のことから逃げていて、
すごい悔しかった。
あとになって、ものすごく後悔した。

でも、生き抜くんだ。

私という生命がある限り、
私が歩ける限り、
この股関節とともに歩んでいかなければならないんだろう。



ブログ、今年は定期的に続けていこうと思います(^^)ノ
できれば、股関節の相談とか、摂食障害のこととか、
あとはやっぱり若年層のネットワークを構築したいなぁ。
変形性股関節症で。









不安に押しつぶされそうになったその時
どうしても前に進めなくなったその時
答えはきっとどんな誰でも
自分で探すしかないと開き直っていた。

いくつもの目には見えない壁の前で
光を見失いそうな時の中で
どこへ向かえばいいんだろうとたくさん悩んだ。

すべてを 背負いながら歩くのは
重くて苦しくて、
でも、私一人だけじゃないってことに気が付いて。


たとえ涙で前が見えなくてもこの夜を越えてたら朝がくるように、
今日がどんなに辛くても、明日を捨てないように、
立ち止まって泣いたあとの笑顔を、あなたへ。



ではでは、
今年の金子を、
なにとぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク