*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
8/4精神不安定と食育と。
8/4(金曜日)みせすです。
更新遅くなりました。
今回は精神不安定だったり、六月から食育の活動でバタバタしたりして
原稿を7月上旬に書いてから更新できず。うまく言葉にならなかった部分が多いですが、
なんとなく更新します。

fc2blog_20170803214502a8d.jpg

===============
  < 目 次 >
*報告:摂食障害・食育イベント
*報告:新聞掲載他
*雑記:精神科通院
*雑記:ブラックみせす
*最後に
===============




\摂食障害イベント無事終了しました♡/
====================
< みせすのいただきますの教室 >
====================

fc2blog_20170803214851c60.jpg
---------------------------------------------
▼7/17(月・祝) PM みせすのいただきますの教室
  〜みんなで考える摂食障害〜
https://traveltheproblem.com/tours/224
 ---------------------------------------------
摂食障害の当事者やご家族、関心のある方向けに、
みんなで楽しく料理を作ることでポジティブに「食」に関わってもらうマインドフルネスな体験と
普段なかなかできない話をすることで、悩みなどを共有してもらえるようなイベントです。
つくるのは薬膳ベーグル!みんなの体調に合わせて、こころとからだに優しい素材をいれこみ
オリジナルなベーグルをつくります。
国際薬膳師のみせすが薬膳の世界をわかりやすくナビゲートします。
食べてもいい。食べなくてもいい。まずはつくることから「食」に向き合うことを始めてみませんか。
ご参加を心からお待ちしております。



----------【講座概要】---------------------------
日 時:2017年7月17日(月・祝) 14:20〜18:00
会 場:アカデミー向丘(東京都文京区 東大前駅より徒歩1分)
詳 細:https://traveltheproblem.com/tours/224
---------------------------------------------
摂食障害になって7年。栄養やカロリーのこともたくさん勉強して栄養指導さえ怖くなってがんじがらめになって。でも、もっと「食って自由なんじゃないか」って思って。そんな気持ちで今子供向けの食育に関わっています。それはどうしても摂食障害の予防啓発が、一番必要だから。なるにこしたことはない病気だから。

でも一方で思うのは「摂食障害」で苦しむ仲間が、全国にたくさんいるってこと。そしてこの病気には偏見が多いってこと。製薬会社に勤めているのに理解されずひどい扱いをされたこともたくさんあります。だからこそ思うのは「摂食障害」になってしまっても、誰でも生きやすくなる社会的認知度を高めること。笑われるかもしれないけれど、友達・家族・周りの人たち。草の根で私は今できることをやっていきたい。

fc2blog_20170803214929435.jpg



それが、私にとって「くすりのもと=たべもの」という「薬膳」の考え方で、自分の体と心の声をききながら、作る喜びを味わうイベントを作りたい。それがこの企画です。つくったベーグルは食べれなくてもいい。プレゼントしても食べて吐いても捨ててもなんでもいい。すこしでも食の幸せを感じてほしい。
ーーー食育に関わるすべて人へ
 ーーー薬膳に興味がある人へ
 ーーー摂食障害に少し関心がある当事者の子へ
当事者メインにように聞こえる企画ですが、非当事者のあなたに是非来て欲しいと思っています。


fc2blog_201708032146170ab.jpg

摂食障害になっても、うしろめたさを思う必要がない世界。
 誰もが支えあえる世界。
もっと自由に羽ばたける世界。
そんな世界を、作って生きたい。
ぜひ、みせすに会いにきてもらえたら嬉しいです。

fc2blog_20170803214650ef3.jpg
---------------------------------------------
↓ 終了しました! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
---------------------------------------------
管理栄養士の鈴木真美さんにも来ていただき13名での薬膳ベーグルづくり。
発酵の間に摂食障害レクチャーや薬膳のミニ講座。
そしてメインである摂食障害のディスカッション。
社会問題と摂食障害の繋がりについて考えました。

今日の薬膳ベーグルは3種類。前回とすべて違います╰(*´︶`*)╯♡
▼疲れやすいあなたに:補気
 紅麹と大棗。健脾効果のあるたかきび。

▼ストレスフルなあなたに:理気
 陳皮、生姜、肝に入る枸杞子

▼夏バテ予防のあなたに:清熱
 抹茶、茶葉、薏苡仁、赤小豆

fc2blog_2017080321480298d.jpg


< 参加者の声 >
//簡単に作れてだんだんと形になっていくのが楽しかった!
//自分で作ったものを食べるというのがありがたみを感じられてよかった
//いただく気持ちをより強く考えさせられた
//共感をすごく強く覚えました
//治りたい気持ちが強くなった


fc2blog_201708032146064c8.jpg

パンを作るのは、私がしていたような過食しやすいから。
そしてこねる喜びと触り心地、手間をかける悦びがマインドフルネスに通ずるものがあるから。
食べなくてもいい。過食嘔吐してもいい。まずは「つくるよろこび」を感じて欲しい。

fc2blog_201708032147406d8.jpg

当事者で明るく笑いあって摂食障害のことを話してみたい。
社会問題から摂食障害について考えてみたい。
当事者と非当事者をつなぐ時間を作り、社会に発信したい。
そんな願いを持って、継続してるこの企画。本当に感謝な時間だなぁと思ってます。
参加してくださったみなさま、一緒にツアーを作ってくれたなめちゃん、本当にありがとうございました!

あくまでも私のメインは子供の食育科学。
摂食障害イベントって実は何より気力を使うんです。まだ当事者の1人だし、
それでもこうして参加者の笑顔に会えることが本当に嬉しいし、
求められるのであればぜひこれからも何か形にしたいなと。


fc2blog_20170803214727a3d.jpg

次回の企画は秋以降に考え中。
10月とか?みなさまのご要望にお応えして企画も変えていきたいと思ってるので
(開催時間や日時、パンとか薬膳とかだしとか)ぜひお気軽にご意見お待ちしてます♡

こころとからだを優しい食育を。
 摂食障害を抱えるみんなへ。
1人で悩まなくて大丈夫。みんなで笑いあえる。
そんなこころの食育を模索していけたらと思ってます。

fc2blog_2017080321470470c.jpg







    




    





――――――――――――――
○摂食障害とは?
―――――――――――――
この前、某リーフレットの記載に、こんない寄稿をした。
それが、摂食障害の困難さを物語れたかどうかわからないけれど、こんな感じ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
大学時代に発症した私は当初誰にも相談できず、食べ物に翻弄され青春を失いました。幸いにも治療を受け回復に向かっている私ですが、今も一人苦しんでいる仲間がたくさんいます。この病気の怖さは、確立した治療法がなく、様々な情報が氾濫していること。今こそ医療機関から自助会、経験者たちが手を合わせるべく、協会による情報発信・予防啓発の役割を期待しています。
 (東京都・金子浩子・27歳・女性)


摂食障害に対する社会認知が広まる世の中になってほしいなと。ダイエット=摂食障害、なメディアの構図がよくあるけれど、美意識の裏側にあるのは自己肯定感や自尊心感情。誰でも病気になる。偏見や誤解のない、身近な助け合える病気になってほしい。そんな願いを込めて。
------------------------
帰ってきて10時半ごろでしたが、流石に野菜食べなきゃと思い、冷蔵庫にあったほうれんそうのかき玉お味噌汁。こんぶだしをとったあと、みそ?ほうれん草?たまご?どれを先に入れていいのか悩む(正解教えてくださいw)
そんな具沢山なお味噌汁に癒された後は、急遽パウンドケーキづくり。夏みかんの手作りジャムを入れたバターとたまご不使用の甘さ控えめパージョン。

 

fc2blog_20170803214535e04.jpg






==================
    < 記事 >
==================

以下、みせすの摂食障害の体験集です。参考まで


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼▼▼WEB媒体系▼▼▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽ハフポスト
「努力すれば必ずやせる。だから深みにはまってしまう」。
ダイエットから摂食障害になった女性、壮絶な体験語る
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/02/eating-disorder_n_16920358.html


ewhlasd.png




 



▽Yahoo!特集
 拒食と過食の繰り返しー摂食障害」と向き合って
https://t.co/Fm8ZB2Fh9P




iehowhrwea.png


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼▼▼新聞系▼▼▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽朝日新聞
摂食障害独りじゃない 当事者語る「上手につきあおう」

1211.jpg



電子版はこちら
http://digital.asahi.com/articles/ASK736R8LK73UBQU012.html?rm=275


fsafsada.png






ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼▼▼TV系▼▼▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/4日本摂食障害協会主催「世界摂食障害アクションディ」。
TBSの取材も入っていて、たしかに取材の協力はしましたがまさか実名でテレビに出てるとは・・・・!!
-----------------------------------
▼TBS放送 7/7(金)24:50〜TBS放送
「NEWSな2人」【夏のダイエットに潜む危険…摂食障害の女性たち】
-----------------------------------
後日収録された摂食障害経験者のひろみんやまみさんが登壇をふんふん見ていましたら・・
え、え、もう名前までのってる・・・・。あたしがテレビに出るなんて聞いてない・・・!笑!

19884298_1985036324855961_2331324235351344404_n.jpg





19894595_1985036301522630_1630217016997181484_n.jpg


 気を取り直して。マインドフルワークショップでやった「飴玉イヤリング作り」の様子です。
ほんと2分たらずなので画像にとってみました(笑)。



12140728_1985036298189297_7679571183571918191_n.jpg



ちなみに「元拒食」ではありません。
現在も過食ですw(この辺がテレビと新聞の違いを感じる)



19756374_1985036281522632_829069305278354529_n.jpg


19247930_1985036221522638_5601431667597362892_n.jpg


19732053_1985036218189305_6956360734129032941_n.jpg


19875403_1985036348189292_3477852433818340258_n.jpg



  


まだ私は摂食障害を抱えているけれど、できることを少しずつやっていきたい。
摂食障害を抱えて7年になるけれど、
確実に「摂食障害」という病名が浸透し、社会の理解と受け皿ができる流れがやってきている。
そう感じてる。「摂食障害協会サポーター」もきっと何かいい形になるのじゃないかなぁ。

食とマインドフルネス。自分が好きなこと、大切なことを背伸びせず少しずつ。


19756430_1985049931521267_4273728186026956603_n.jpg

摂食障害はまだまだ誤解や偏見のある病気。
実は会社でカミングアウトしたことでマイナスな扱いを受けたこともあって、
だからこそ社会に発信していく必要があると思っていて、
数少ない「摂食障害完全回復してない顔出し・名前だしの当事者」としての声を発信して行けたら。

19732348_1985049921521268_8248852816912131576_n.jpg


「摂食障害。あなたはひとりじゃない」

1人で苦しまなくていい。頑張らなくていい。
もっともっとまわりが、社会が、支えてあげる。そんな世界を作っていきたいんだ。


19731948_1985049961521264_8592278321683967998_n.jpg

摂食障害を患ったから出会えた食の愛おしさ。
摂食障害を予防啓発したいという想いの一つが、
子供への食育、メディアリテラシーを養う食育科学につながっただけのこと。


これからも、こころと、からだに優しい食育を。


fc2blog_201708032206021df.jpg






飴玉レジン。アクセサリー。
大々的にはできないけれど、みせす家でゆるゆるやろうかなと。

 fc2blog_20170803215822d6a.jpg 


心からあこがれの、管理栄養士のまみさん。
未央もふくめて、みんなで「摂食障害の食育」をやりたいなぁと妄想してます
(興味がある人教えてください♫)
 

fc2blog_2017080322034348b.jpg
















==================
< みせすと食育と >
==================


よくよく質問されますがw
あなた何しているの?って(笑)。

平日は製薬会社のサラリーマンです。
で、土日中心に
子ども向け食育ボランティア団体
「キッチンの科学プロジェクト」

の代表・講師として、メンバーと一緒に
食育科学ワークショップをやっております。



活動の様子のブログはこちら(このブログより更新頻度は高いはず笑。)
http://ameblo.jp/kkp2013/



fc2blog_20170803220836316.jpg



時にはパンとバターつくったり

fc2blog_201708032208116e1.jpg


こどもパン作り。

fc2blog_201708032207455d7.jpg 

歯科医師会でのイベントやったり。


fc2blog_20170803222116b71.jpg

 
まさかの今年は、学会発表。



fc2blog_201708032206548cb.jpg


みせすの名前が論文になったよ!!

fc2blog_201708032204563a7.jpg


食育科学ワークショップを通じて、
食に対しての興味関心を持ってもらう、きっかけづくりがねらい。

fc2blog_20170803222536b24.jpg


時には、
群馬県の食品安全県民会議の委員として出席したり。

fc2blog_20170803220148358.jpg


みんなでミーティングしたり。

fc2blog_2017080322042685f.jpg 

和菓子のねりきりつくったり。



fc2blog_2017080322250687a.jpg


たくさんの素敵な出会いがあったり。


fc2blog_20170803220329dcf.jpg

 
野菜ソムリエさんとイベントしたり!

fc2blog_201708032221250db.jpg




ゴーヤとトマトと光るなぞなグミ。

fc2blog_2017080322213501b.jpg

ライトを当てると・・・

fc2blog_20170803222159a1e.jpg

光るグミ!


fc2blog_201708032223225c8.jpg

この食育の活動は仕事?じゃないかもしれないけれど、私にとっては生きてる証。

fc2blog_2017080322233689b.jpg

やりたいからやる。
楽しむ。
準備はしんどいけれど、「やりたい」というワクワク感。

「やることでこうなる」という明確なビジョンと使命感が僅かながらある。


       fc2blog_20170803222127e71.jpg

食育に携われる幸せ。
誰に何を言われてもひしひしと感じるし、
いろんな人にいろんなこと言われても、
自分が自分らしく生きていければいいなぁって思う。



  fc2blog_201708032143446fc.jpg














――――――――――――――
○薬膳料理教室
―――――――――――――
知り合いであり、親友(になりたい)のおいこの家での薬膳料理教室。

fc2blog_201708032149086cb.jpg

今日のテーマは「夏の薬膳」。
 薬膳の概念を45分説明したあと清熱やらを説明してごはんづくり。

fc2blog_2017080321590019a.jpg

○とうもろこしのバターごはん
○玄米薬膳カレー
○なすとピーマンと豚肉の肉味噌いため
○トマトめんつゆそうめん
○きゅうりの酢の物
○梅きゅうりのたたき
○ラタトゥイユ
○米粉のホワイトソースグラタン
○野菜白玉(枝豆・にんじん・ゆず)

20170803215700bf7.jpg


すべて参加者である農家さんのとれたての野菜をふんだんに使ったものたちばかり。

fc2blog_20170803214918ac0.jpg

おなかもこころもいっぱいにいただきました\( ˆoˆ )/
やってて思ったのは、
やっぱり食育って、料理って
「コミュニケーションの場」だと思いました。
つくること。おいしいね、と言い合えること。
参加者が緊張から解きほぐされていく瞬間を大切にしてきたいなぁと。
料理は誰かを思いやることでうまくなれる。

fc2blog_20170803221406efd.jpg

食育が教えてくれた
「おいしいね」と言い合える気持ち。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


fc2blog_20170803220628817.jpg


   






――――――――――――――
○弁当の日
―――――――――――――
7/13(木)のこと。
ずっと憧れだった、「弁当の日」の提唱者、竹下先生に会いたくて。会社を有休して東京農大の講演会に行ってきました。



  fc2blog_20170803215912424.jpg


3年前に共同通信社主催の弁当の日応援プロジェクト「キッズジャンボリー」で稲益先生や武蔵野歯科医師会の辰野先生たち、小田原歯科医師会の柏木先生たちとコラボイベントをさせていただいたわけですが、竹下先生のお話を伺うのは恥ずかしながらはじめてでした。


fc2blog_20170803221946620.jpg


「泣くよ?」と言われていたものの、想像していたよりも緊張感漂う内容が始まって余裕ぶっこいていた私...
・・・・・・
甘かった...ほんと甘かった。はなちゃんのところが出てきた時点でアウト。

fc2blog_20170803222350a76.jpg


 ー食べること。
ーつくること。
ー命をつなぐこと。
ー作って食べてくれる人がいる。
 一緒に美味しいねって言ってくれる人がいる。
それが、どんなに尊いことで、どんなに素晴らしいことかって。




fc2blog_2017080322025828f.jpg


摂食障害で死にかけた自分が今私が生きてる奇跡。

fc2blog_201708032142520e5.jpg


会社員やりながらの、この食育の活動。
どんなに辛くても、苦しくても、悩んでも。
私が手放せないのは食育の可能性を信じて、食育を愛しているから。

fc2blog_201708032144113df.jpg


私が食育によって救われたから。

fc2blog_20170803214238891.jpg

 今でも覚えてる。稲益先生の言葉。

「食を大切にできる人は、人を幸せにできる力を持っている」
その言葉に救われ、こうしてここまでやってきたんだ。


fc2blog_20170803215937d88.jpg


食育の活動を続けて5年。
いろんな世界を見るうちに上には上がいて、
自分の至らなさだけでなく情けなさ、嫉妬を感じることもある。


fc2blog_20170803222547dec.jpg

でも。
そんなことは本当に自分のエゴでどうでもいいことだったんだなって。
自分のできることをただ精一杯やっていけばいいんだなって。
やっと今そう思える自分に出会えた。

fc2blog_2017080322052457b.jpg

  fc2blog_201708032216535a6.jpg

いろんな人がいる。
私の味方も敵もいる。その中でゆっくり精一杯自分のペースでやっていけばいい。
食育の形をつくろうと焦って6月の食育学術会議のオーラル発表で
テキストマイニングの評価定量をしたけどそんな甘いもんじゃない。

食育は心を育てる。
もっともっと言葉で計り知れないところにある。
だからこそ伝えていくのが難しい面もあるのだろう。


fc2blog_2017080321422688c.jpg

正直最近はイベント運営で精一杯。


でもその中で、


つくることってこんなに楽しいんだよ。



料理ってこんなにワクワクするんだよ。


fc2blog_20170803221719718.jpg






食育を通じてこんな世界が待ってるんだよ。
そんな「つくるよろこび」を伝えていきたい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

fc2blog_20170803214428f7f.jpg


 私がやってる「食育科学」も、科学の力で、食への好奇心を養成すること。
体験型ワークショップで食育へのハードルを下げること。
こども料理という社会教育の機会を少しでも増やすこと。

fc2blog_201708032209301fc.jpg

きっとその繰り返し。
こんなちっぽけな自分だけど、できることを確実に少しずつ。

fc2blog_20170803221614cb4.jpg


そしていつか、本当にいつか。弁当の日を広げる1人になりたい。


fc2blog_20170803214316149.jpg

特にこどもたちに作る喜びを、伝えていきたいんだ。

fc2blog_20170803220309920.jpg

カロリーや栄養素の支配だけじゃない。
こころとからだに優しい食育を。


fc2blog_20170803222321ca7.jpg

































――――――――――――――
○摂食障害歴
――――――――――――――
私は・・・現在摂食障害歴7年目になる。
0)大学2年のときに、ダイエットにはまりはじめて、
1)大学3年のときに拒食になって、生理がとまって、
2)大学4年のときに過食と過食嘔吐になって、
3)大学院1年のときに、精神科に通い始めて、
4)大学院2年のときに、一年つづけた精神薬をやめて
5)社会人1年のときに、過食嘔吐が再発して、
6)社会人2年のとき、会社でうまくいかず拒食になって
7)社会人3年のときに、食育活動で過食と無茶食いに悩まされ
8)社会人4年のときに、少しずつ自分を受け入れられるようになって←今ここ。


<参考:過去の症状>
拒食/過食/過食嘔吐/無茶食い/(チューイング)/拒食と過食の波/
過運動(出勤前に毎日10km jog)

<現在の症状>
・ストレスあると無茶食い
・一日3食白米は食べれない。
・ちゃんと定食食える?
・定食のご飯まるまる食べることに罪悪感
・精神不安定(笑)。






==================
   < 精神科通信 >
==================
以下、7月上旬の、月一の精神科通院の忘備録w


――――――――――――――
○精神不安定
―――――――――――――
◇みせす:「あ〃――――!!!」
◆主治医:「どした?」
◇みせす:「精神不安定――――!」
◆主治医:「・・・精神不安定ですか。(笑)」
冷静な主治医w

◇みせす:「ってか先生なんで今のタイミングで診察室よぶの!
◆主治医:「なんで」
◇みせす:「もう少しで富山の航空券とれたのに!(待合室でとってた)」
◆主治医:「知るか、そんなん(苦笑)。ってかまた富山いくのか」
◇みせす:「それが本番なんだって(笑)」



◇みせす:「あ〃――――!!!もうーーー!」
診察室に横たわる私ww

◆主治医:「そして、おい、ねるなw(笑)」
◆主治医:「ねるなw(笑)」
◆主治医:「ねるなw(笑)」

まさかの三連発w


◇みせす:「ってか先生、今日めっちゃ上から目線w」
◆主治医:「あなたが下に座ってるだけでしょw」


◆主治医:「あ、そういえばyahoo!記事見たよ」
◇みせす:「え、見てくれたの!?なんで!?」
◆主治医:「なんで、ってyahooニュースくらいみるじゃん」
◇みせす:「先生スマホっ子だなぁ」
◆主治医:「うん、スマホくらいみるでしょw」
◇みせす:「え、ってかさ、見たよ、くらい言ってくれてもいいじゃん」
◆主治医:「・・・・・」
◆主治医:「オレがそんなことすると思うかー、というかいままでしたことがあると思うかぁ笑。」

◇みせす:「ってかおととい朝日新聞に・・・」
◆主治医:「・・・!え、今度は何やらかしたの(笑)」
◇みせす:「やらかした・・って・・・・!!(笑)」


1211.jpg





――――――――――――――
○新聞掲載(1)「回復者」
――――――――――――――
◆主治医:「え、よかったじゃん、これ。新聞掲載。」
◇みせす:「うんと、新聞掲載されてさ・・いい面だけじゃなくて」
◆主治医:「え、なんでなんで?」
◇みせす:「ってか、それ、あたしに聞く?患者に聞く?わかってるくせに!」
◆主治医:「いや、わかんないって(笑)」

私は・・・

摂食障害で、かつ、まだ回復途中の人で
「実名OK」かつ「顔出しOK」
の人は正直大多数ではない(限られる)。
かつ、メディアの取材とか、“普通の人の感覚”で、なんでも聞いてくることも多いから
インタビュー受けることで自分自身の過去のことを思い出したり
日程調整できなかったり、連絡がすぐとりづらかったりすることも多い。
だから、自分自身が「新聞掲載」されたのは、
あくまでも「当事者のうちの一人」(ただ連絡を取りやすかった人か)
であり、

第一、
「頑張ってない」。
・・・・・・・・・・・・・・・

これに対してはいろんな意味があるだろうけれど。

例えば、食育のほうは、めっちゃ頑張ってる。
(※食育:子供向けの料理教室・科学実験=キッチンの科学プロジェクト)
夜も試作したりメールのやり取りしたり、企画したり。

もちろんわかってる。
必ずしも努力が報われる社会じゃないし、
自分が発信したいと思っていることと、相手が望んでいることが違う。
頑張らなくていいことで相手が十分満足する場合がある。

・・・・・・・・・・・・・・・
で、脱線したけれど。
今回は「Yahoo!ニュース特集」に、当事者の一人として選ばれて、
その人たちを合わせて6/2に一般社団法人摂食障害協会主催の「世界摂食障害アクションディ」で経験者の声として登壇させていただいて、
そのイベントの様子がたまたま記事に(朝日新聞・赤旗新聞)に掲載されただけ。

だからこそ、こんなに大々的に取り上げられて。
自信のない自分がいる。実態が伴ってない?というより、
「単なる当事者の声」であって、何か私がしたわけじゃない。


fc2blog_20170614181804050.jpg


かつ、
どうしてもメディアは、大幅な体重増減とかそっちが報道しやすいし、したくなるけれど、
私が強調したいのは、
・体重の増減以上の辛さ(社会での孤立感、心理面)
・拒食、過食のあとの波がくること
・10年(平均して)にもおよぶ病気と治療の長さ
そっちのほうがやっぱりなおざりにされるし、その強調をしてほしいなって思っていて。

でもやっぱり「伝える側」と「伝わる側」の違いもあるし、そのギャップもある。

第一、私はまだ摂食障害を抱えている。
「回復者」
なんてない。

fc2blog_20170614181753b55.jpg


――――――――――――――
○新聞掲載(2)「成功者」
――――――――――――――
◆主治医:「下手したら「回復者」じゃなくて「成功者」って思われるもんな」
◇みせす:「もーーーー!!!!」

◇みせす:「先生、今地雷ふんだ!」
◆主治医:「え??オレが?」
◇みせす:「気づいてないの、しかもw」

◇みせす:「先生、今私のこと“有名人”とかいったやん」
◆主治医:「そだよ」
◇みせす:「もう違うんだって・・・・!!」

ましてや「成功者」なんて言葉はいらない。
そんなことばが似合わない。

そういう
実態のなさ、そんなギャップに落ち込んで、自分自身をなぜか追い込んでいく。
そんな負の愛来るに。一喜一憂することないのに。


・・・・・・・・・・・・・・・
あと、もう一つ思ったことは
「頑張ってるね」
と言われて、摂食障害で頑張れているのかはよくわからなくて、
まぁそういうのはいいんだけれど、

「時の人だね」とか
「有名人だね」と言われて、
いや、そんなこと本当になくて。

・・・・・・・・・・・・・

でも、もちろん、
私のことを応援してくれている人がいる。
みてくれている人がいる。

それが、何よりも、ありがたい。
主治医とも話していたんだれど。

メディアに出るんだから、いろんな意見が出るのは当然で。
だからこそ、一喜一憂せず、
大切に、わかってくれる人の意見をありがたく受け止めて
今自分ができることをやっていくしかない。



私はまだ「病気を抱えている」一人だ。
30キロの増減の拒食・過食を経験し、その波がありながらも、
今も社会生活を送りながらも時にはその波に悩み苦しみながらも生きている。

私が言うのも、なんだけど、
きっとそれだけで、十分な、尊いことなんだろうなと、一人思う。



fc2blog_201708032214499fe.jpg






――――――――――――――
○治る
―――――――――――――
◇みせす:「ってかね、先生やっぱり摂食障害アクションディきつかったよ」
―がりがりな子がいて、でもそういう子はまだ自分自身がそういう状況にあることに気づいていないんだろうなぁって、過去の自分もそうだったなぁって思い出されたこと。
―回復している子はやっぱりすごくて、自分自身の弱さとかまだ回復していない自分にイライラして
―いつになったら回復するんだろうなって不安に襲われて
―でも頑張りたいし、何かしたい。
―回復してない自分がいて


◆主治医:「ってかアメリカで摂食障害専門治療受けた子と比べても、ってかオレが言うのもなんだけどw」

◇みせす:「もぉ・・・!!!先生治り遅くてごめん!」
◇みせす:「・・・・ほんと、ごめんなさい、ごめんなさい」

◆主治医:「いや、あなた、治り遅い方じゃないと思うけどな」
◇みせす:「いや、遅いでしょ、もっと2,3年で治る人もいるって」
◆主治医:「ってか、治ったって言っても実際病院来なくなっただけの人とか、ほんとに治ったのか?って人はいっぱいいるわけで(笑)。あとはもともと軽症だった人と比べて治療に時間かかるのは当たり前だよね」

◇みせす:「え、先生、あたし、症状的に軽症じゃなかったの?」
◆主治医:「・・・・軽症、じゃなかったよ、ね・・笑。重症だったほうじゃないか?笑」
◇みせす:「・・なんかさ、ずっと自分自身の摂食障害の程度が分らなかったから。病院には興味あったけれど、受診することができなかったのよね。」
◆主治医:「あー」
◇みせす:「なんかさ、あるといいよね。あなたの摂食障害はステージ3、みたいな、指標」
◆主治医:「そうだよねぇ、精神科の場合は医者による主観的な判断だからなぁ」

・・・・・・・・・・・・
治り方。それは比べるものじゃない。
自分自身のペースでゆっくり治っていけばいい。

やっぱり、比べてしまうときもある。そんなときもある。
比べてもいいことはないし、回復するペースは違う。
今の自分は、過食嘔吐は全くしなくなった。カロリー支配もほとんど消えた。
何より、
症状を抱えているけれど、生きるのが、楽になった。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



これは、大きいことだと思う。
「もっと、生きたい」と、思える自分がいる。

fc2blog_20170803214213214.jpg

もっとこんなことがしたい。
未来に対してワクワクドキドキする。
それゆえに、今の自分とのギャップを感じ、不安になることもある。
情けなく思うこともある。
―――彼氏ができるのか。結婚できるのか
―――食育活動もどうなるのか
―――今の自分は何をすべきか。足りないモノに対いて、一つずつ向き合っているのか。
―――そういいながら頑張りすぎて、心身疲弊し、周りに対いて傷つけている。
そんな不安との闘いながらも、毎日必死に生きている。


fc2blog_20170803222009cf1.jpg





――――――――――――――
○認められたい
――――――――――――――

◆主治医:「さっき、忙しいのもそうなんだけどさ、秋以降の仕事どうなってんの?」
◇みせす:「・・だから・・・」
◆主治医:「・・・・!!!えー!」
◇みせす:「いや、何も言ってないでしょw」
(秋以降の説明をする自分)
◇みせす:「ほら、ちゃんとセーブしてるでしょ」
◆主治医:「・・・なるほど」
◆主治医:「でもさ、秋以降の仕事セーブしなきゃだめだよ」
◇みせす:「分かってるよ!うるさい!」
◆主治医:「うるさくてもいうよ(笑)
◇みせす:「頼まれればやりたくなるでしょ
◆主治医:「そだね。ちゃんと断ってください」
◇みせす:「断れない。NOなんて言えないよ」
◇みせす:「言える?先生?言えないよ。言える」
◆主治医:「いうよ、ちゃんというよw断ってくださいw」
◇みせす:「マジでうるさい。先生むかつく。そんな言葉言ってほしくてきたんじゃない。」
◆主治医:「いや、言いますよ(笑)」



◆主治医:「でも、活動はセーブしなきゃだめだよ。」
◇みせす:「・・・だって、うまく断るなんてできないよ」
◆主治医:「そうだけどなぁ。あなたの体に負担が来るからね」

◇みせす:「先生。」
◇みせす:「わかってるもん。余裕なくて、周りの人に迷惑かけちゃうって」
◇みせす:「でもね、嬉しいの」
◇みせす:「求められるって、すごいうれしいじゃん」
◆主治医:「そうだよねぇ」
◇みせす:「嬉しいのっ!!」
◇みせす:「だって、誰かに評価されたいんだもん」
◆主治医:「でもね、断らなきゃん駄目だよ」

fc2blog_20170803222235f6d.jpg





――――――――――――――
○生きている価値?
――――――――――――――
◇みせす:「あたし、生きている価値ある?誰かの役に立ってる?」
◆主治医:「(役に)立ってると思うよ」
◇みせす:「それね、100回くらい、いってほしい。」
◆主治医:「役にたってると思うよ」

主治医も、母親にも、何度も何度も確認したい。何度も教えてほしい。
声に出してほしい。
そのくらいに叫びたいのだ。

ずっと、認められたかった、自分がいる。
でも、朝日新聞の時に。

だれに認められたい?
どうなったら認められたい?

そう聞かれて、言葉をつむんだ自分がいる。
結局、自分で自分のことを、認めるしか、ないんだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◇みせす:「よくなってんの?」
◆主治医:「よくなってるよ」
◇みせす:「ほかの患者さんもそういうことよく聞くの?」
◆主治医:「たまに聞かれるよね」
◇みせす:「なんて言うの?」
◆主治医:「よくなってますね、っていうし、そうでもないときはうーんどうでしょうね、って言ったり」
◇みせす:「よかった、万人に対いてそういうわけじゃないんだ」
◆主治医:「いや、嘘つけないからさw」
◇みせす:「よかった、よくなってないわけじゃないんだw」


◇みせす:「なんか、がんの腫瘍マーカーみたいなの、ほしいね」
◆主治医:「いろんな患者さんも聞かれてるw」

◇みせす:「先生、あたし、よくなる?ちゃんと回復できる?このままでいい?」
◆主治医:「大丈夫だよ。」

「 大丈夫。 」

っていってくれる人がいる。
その人の存在は、本当に、本当に大きな力になる。

◆主治医:「体力的に気をつけなきゃ、だめだよ。」
という言葉を残して終了。




頼るべき人がいる。
そのことが、どんなにありがたくて、
先生のおかげで、私は生きてきたんだろう。

fc2blog_20170803222558f32.jpg













==================
< 雑記:摂食障害と >
==================

――――――――――――――
○ブラックみせす
――――――――――――――
正直、むかつくことは多くて。
ちょっとのことで、イライラして、
仕事のミスで、その場では逆ギレするのに、
でも、実は、そのあと自分の中で、いろいろ自責感に駆られることもしばしある。
自分はこれでいいのかと悩みながらも生きている。


生き方に悩む。正直会社員やっててつらいことはあって、
でも、その分救われていることもあって。

しんどい。
しんどい。
むかつく。
いらいらする。

すべて真っ黒になりそうな世界が、身体の隅まできていて、
その瀬戸際を歩きながらも、
たくさんの仲間に支えられて、少し、前を歩いている。

ほんとうに、社会人をやっていると
とばっちりをうけることが受けることが
多々あって
もうなんであたしが標的にされなきゃいけないのかとか。

あとは、やっぱり食育なりやっていると、
代表やっていると、
いろんなもの抱えなきゃいけないことは多くて。

もう、むかつくし、
逆ギレしそうになるし、
でも、それをしたらおわりじゃん、みたいな。

怒っている人に怒っても
それは火種を注ぐことになりかねない。

と一つ冷静になるも、

やっぱり、落ち込むときは落ち込むし、
寝苦しい夜だってあるし、
寝られない苦しみに落ち込むこともあるし、
これでいいかと悩んでは立ち止まって。

イライラして、自分に自信がなくなって。
どうすればいいかわからない不安に襲われて。

ただただ、でも、マイナスなエネルギーを
そのままほおっておくこともできなくて。

最近は「いい子だね」って、そんな感情をよしよしすることもだんだんめんどくさくなってw
あえて忙しくしているのは、やっぱり一喜一憂するのがめんどくさいし。

摂食障害とバランスと。
うまくバランスが取れるかって言われたら
不安でしか仕方なくて、
本当はこんなに予定詰め過ぎない方がいいのにわかってる。
でもでも、なんだかうまくいかなかったりして。
わかってる。うるさいくらい、人のアドバイスなんてわかってる。

その中で、自分の意志があって、
それがいいかわるかはおいておいて、
でも、やっぱりそう思うって不思議なことで。
自分がこうしたいっていう意志があるのもわかるし、

かといって、自分がどうしたいとか、こうなりたいとか、
明確な目標やゴールがあるわけでもなく
(もちろん食育で幸せに生きていきたいという思いはある)

でもまぁゆっくりで迷いながら生きていければいいんじゃないかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

fc2blog_20170803214830011.jpg


と、“ぶらっく”「みせす」のときもあるし、
“ねがてぃぶ”「みせす」のときもある。

何か一つのことでつまずくと、全否定したくなって、
私の生きている意味ないやん、とか、
私が描いていたことなんて所詮夢物語じゃん、とか。

何かする気力も、生きる気力すらも、わかんなくなってしまったり。
最近はフローリングで寝て、
今日は朝起きて、すっきり目覚めたくせに、
昨日あることが「だめだった」そのせいで、
涙したりした。


fc2blog_201708032208508a6.jpg


嫌なことがあると、すぐ人と比較する。
ないものにこだわる。
隣の芝の青さと比較する。

一喜一憂してもしかたないのはわかってる。
私の目の前には求められている人たちがいて、
だからこそがんばろうと思うのに、
そのギャップに、正直イライラする。

何がダメだったの、
どこがダメだったの、
私のどこが悪いの。

そんな気持ちでうようよするときの方が多い。


fc2blog_2017080322185903e.jpg


でもまぁ仕方ないし、
これがあたしなんだと思ったりしよう。
そう。
生きている自分を。

優しく、自分で包み込んでみたい。

fc2blog_20170803222525cc3.jpg























==================
< 最後に:ひとりごと >
==================


――――――――――――――
○かいこと、いのちと
――――――――――――――
不人気な虫投稿ですがあえて。


7月に科学実験系でかいこを譲っていただいてから桑の葉を集めてずっと育ててきました。

fc2blog_20170803214833c03.jpg


おかいこさま。

fc2blog_2017080322001490c.jpg


五齢目5日くらい?いよいよ糸を吐き始めました。
どきどきわくわく。あたまに乗るのももうこれで終わるのかも。

たくさんの人に愛されて、かいこが育ってます。食べて、寝て、愛されて、うんちして。
かいこが糸を吐くようにそれぞれにいのちがあって、そのいのちを全うしていく。

fc2blog_20170803214631582.jpg



 かいこから学ぶ食育。いのちの哲学。


fc2blog_20170803214555795.jpg




最近は、生きることに必死で。
生きたい。
もっと生きたい。
よりよく生きたい。


fc2blog_201708032159555a6.jpg


そう思う反面、なかなか、こころとからだがアンバランスなことが、多くて。


fc2blog_20170803222009769.jpg


涙が出てくるようなしんどさもあって。
余裕のない日々で、
身体に鞭打っているときも、ある。
それが、誰かを傷つけてしまうときも、あるんだろうなと思う。


fc2blog_20170803221511d2d.jpg


おいしすぎた。豆腐懐石。
しあわせってこういうこと。


 fc2blog_2017080322110397f.jpg 


たべものが癒してくれる、ちからに感謝。


fc2blog_20170803220104211.jpg




この前。
朝起きて、上野公園をジョギングして。
すごく、すがすがしくて、気持ちよくて。
枕に涙を濡らす日がある一方で、思った。


fc2blog_20170803221427edf.jpg

ああ、私は、愛されるために、生まれてきたのだな。って。
愛し、愛される人生を送るために、生まれてきた。



fc2blog_20170803222141aeb.jpg

(本当かどうかはおいておいて)
そう思える自分がいること。
これは本当に主観的な意味で

私の命が愛にあふれていると、気づけたこと。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
世界のだれよりも、幸せだな、と思った。


fc2blog_20170803222202818.jpg






―――――――――――――――――――――
といいながらも、
落ち込んだり。
悩んだり。
涙流したり。

比べたり。
比較したり。
悔しがったり。





  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・





 


すべて、すべて。私が生きている証拠。

fc2blog_20170803214306b9a.jpg

今はそんな風に思える。(思えるけれど立ち直れない自分)


fc2blog_2017080321582510a.jpg

だからこそ、すべてを抱きしめて。

おいしいものを味わって、

fc2blog_2017080322005642f.jpg

深呼吸したりぼぅっとしたりして、
愚痴やネガティブな感情を吐き出し、
大丈夫だよ、って何度も唱えてみる。


fc2blog_20170803214328f48.jpg

生きるために、生まれてきた。

幸せになるために、生まれてきた。

愛にあふれる人生のために、生まれてきた。

fc2blog_20170803214440ba4.jpg


嫌なことを思い出すたびに、
ぎゅっと胸が苦しくなって、
涙して。



でも、一歩周りを見渡すと、
こんな私を、助けてくれる人たちがいる。
支えてくれる人たちの存在に気づく。


fc2blog_20170803215741015.jpg


すべての人に、感謝を込めて。
一歩ずつ、あせらず。生きていく。

「きっと、大丈夫」

そう、強く願って。


fc2blog_201708032200441c3.jpg


2017.8.4 みせす








            

 



Topic : 摂食障害
Genre : Mental/Health

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク