*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
3/31術後26日目(退院11日目)
20090401161837
3/31東京進出日。
術後27日目。

もう少しで1ヶ月たつなんて考えられないです。

自主トレは夕方と夜に小悪魔K・PTのメニューを黙々と(≧▽≦)ゞ
散歩はなし。皿洗い程度。夕方のメインの移動に備えました。

横あげ足あげが本当にまだまだ…。術後の回復の早さと比べちゃだめですけどね。股関節センターの動画を見ると、あの頃の必死さが胸にとめどめなく溢れてきて不思議な感じがします。

16:00。
母親が付き添い実家群馬を出発。
大宮の東◎ハンズで杖の先(ゴムキャップ)を買い求めようと思ったら…
同じのがなく…。

聞いたところによると、替えゴムをつくるメーカーと杖をつくるメーカーが違うらしい(^0^)/

買いたいものを追い求めるために2、3件はしご…なんて正直今はできません。一軒で精一杯ですね(^-^;
まぁ…
これからたくさんできると思えば今は一歩ずつ歩いていきますよ(^0^)/

大宮をでて、
埼京線で武蔵浦和へ
武蔵野線乗り換えで終点、府中本町。

時間約一時間半。

長距離の電車移動も、
ずっと座るのも
1ヶ月ぶりの、
一人部屋に戻ってきた。

二階にある自分の部屋。マンションの階段も。
なんとかクリア。

本当に、うれしかった!

「K・PTできました!」と心の中で叫んでました。

結構高いんですよ…段差が。

じゅうたん、コルク板、段差。

術前に、股関節先輩なお姉さんから、それらがつまづくことは聞かされていたけど、
横にきき流していた自分がいなかったかと思えば嘘になる。

手術して、
必死になってはじめてわかる自分に反省。

とりあえず着替えて母親と一緒に適当にごはんつくって。

シャワーもあびれました。
適応性にかけり自分なんですが、それでも、できた。
電車乗り換えも大分慣れて。

これから東京でのころいどの挑戦が始まります。

真の、挑戦です。

自分の夢や目標に向かって精一杯な若者たちの中に、外見健常者が、どう立ち向かうのか。

人混みの怖い東京でどう生きるのか。

若いなりのリスクも大きいんです。

若いからいいわね、ってたくさん言われてきたけど、
総合的に考えれば不平等も何もないはず。
第一平等不平等もない。

自分は自分だし。
この病気になったことも
手術したことも、すべて自分だから。
別に周りの人に無理に理解を求めていない。

ただ悔しさをどう生かすか。
たとえ若いからと言われても、誤解されても、責めても悔やんでも仕方ない。

前を向くしかない。

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク