*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
人工関節と自骨オペ
20090416154807
今特急電車の待ち合わせ見送りました。
各停万歳\(^O^)/
すいていますからね。
時間、効率化より、
いかに今を生きるかに今は一生懸命です。

びしっとしたタイトルを書いたのに、このブログは現在主観的事実を徒然と述べているだけだと気が付いた。
患者みなさまに必要な情報やらはだんだんと…(苦笑)まずはころいどにしか書けないこと、書いてみたいと思います。

ネットチームの一人。
両THA(人工股関節置換手術)を受けた優しいオジサマ。右カップの再手術が決まったらしく、ものすごく心配。

退院間近なのに再手術…
しかもカップって…
リビジョンレベル?
(リビジョン=再置換。再置換するたび、オペは難しくなる。)

オペの成功と
回復をお祈りするのみです。

人の痛みを100%理解することは無理だけど、
たとえ50%でも理解することができて、不安や絶望をすこしでも分かち合うことができたら、その人の不安を吸いとることができたら、私は嬉しいんです。

今オペを終えてリハビリ中の自分にできること。
自分にだからこそできること、見極めていきたい。

*********
一人でなきゃ導けない答えがあり、
一人きりではたどり着けない答えがある。
*********

まさにこの歌詞の通り。

戻って…
そういう前提で話を進めると。
退院を間近にしてまさかの再手術。
リハビリをがんばって
限りなく水平線上に広がっている新しい景色を、
溢れるばかりの希望を味わっていたばかりゆえに、胸が痛い。

同情やら哀れみではなく、ただ、心配です。

目覚めた頃には、
今度こそ、新しい世界を心から味わってください。

人工は分からないので、リハビリの早さは任せますが、でも私はせかさないのでゆっくり歩き始めてください。
あるちゃんを急かした原因の一つが、入院中の自分であるゆえ、とても申し訳ない思いがありますが。

さて。
この機械に改めて人工のこと考えてみました。

昨日人工股関節ネタについてなおお姉さん語り合いました(^-^)b

私もいつか…人工関節になるんじゃないか。
あくまでも変性なので…この病気。
リハビリ中の今にこんなこと考えちゃ行けませんが、それでも心の片隅にはおくようにしています。

人工股関節…
入院中病棟大部屋同室の方でもいらっしゃって、

筋肉痛で〔痛い〕って痛い愚痴をお互いに言い合ってましたが―。

人工ってやはり人工。

筋肉痛の痛み、
つまり骨の痛みがない。
大腿骨頭切除。
考えてみれば恐ろしいこと。

骨の痛みがあること、私は今辛いのですが、でも、それはすごい恵まれたことなんだなぁと。

まだ自骨ができる進行の段階で、適切なオペが受けられたんですもんね。

人工はいつ何があるかわからない。
感染症、高熱によるもの、再置換の期間は誰にもわからない。

そして人工自骨に関わらず、誰もわからない領域がある。
医師にも、
患者当本人にも…
分からない
身体の不思議。

そして思うこと二つ。
早期リハと、心。
これは私がAAOにきめてよいのか渋っていた理由の一つでもあったもの。
身体の回復に心がついていかないんじゃないのかな、って。
自骨オペだから人工に比べてゆっくりのリハビリだけど、
でも痛み止め、消炎鎮痛剤飲んでいることに忘れ、ついつい身体に鞭いれて
骨を切る大手術ってこと、頭の片隅において無茶しちゃったり。
入院中の私がそうでしたね(^0^)/
そこまで焦ってはいないし焦らないようにしていたつもりでしたが、結構きつかったです(笑)

逆に骨がくっついたからいいのですが(^^)v

股関節と、
いままでバランスのとれていなかった身体の骨格構造、
そしてひきずってきた心のもちよう。

手術の前後で景色がかわる、
ゼロになる
ってそういうことなのでは、と思ったりもします。

全てを噛み締めることは
まだ幼くて弱いころいどには無理だけど 、
でも、
まだまだ杖とともに歩いていく。

身体の合図に、
心の叫びに
敏感になって、
歩いていきたい。
Secret
(非公開コメント受付不可)

想い…
人工置換と自骨の両方を知ってる
なっちゃんです。

執刀医は、違えども…
THA済みの右脚と付き合って…
もう少しで4年…

まだ4年と思うか…
もう4年と思うかは、捉え方次第。

今日は、元気に歩けたけど…
リビジョンと背中合わせな
時期に突入してきたので
毎日、歩ける事に感謝ヽ(≧▽≦)/

自骨でも人工でも一緒(*⌒▽⌒*)

楽しく上を向いて歩くか…
下を向いて歩くかは…
ココロが司ってると思う。

あるちゃんさんが…
一歩ずつ歩んでいけるように…
祈るばかりです…
迷い
迷い。。。
常にこれでいいのだろうか。。。
みんなはもっと頑張っているのだろうか。。。
もっと皆は回復しているんだろうか。。。
という退院して、自力でのリハビリということで
迷いは尽きない。。。
ころいどさんも同じかな。。
皆同じなら、自分も仕方ないと納得できる。。。?
人と比較して焦るのではなく、皆一緒に頑張ってるって思って乗り越えようって思ってる。。。
ころいどちゃんも一緒に頑張ろうね。。(*^^*)
No title
心配させちゃって、ホントにゴメンなさい。

今は、少し力を抜いて、リハにリトライしてます。

退院に関しても、「その時が来たら」でいいか?と…

いつも、応援ありがとう!
これからもよろしく!
プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク