*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ラオスに行ってきました♡
ご無沙汰してます、ころいどです!
一年ぶりの海外にいってまいりました♡


2012/10/20~28
ルアンプラバン@ラオス⇒ヴィエンチャン@ラオス⇒クアラルンプール@マレーシア
⇒ヤンゴン@ミャンマー⇒バンコク@タイ



あふれんばかりの笑顔に包まれた、ラオスの国。
そして、最も激アツな国、ミャンマー、ヤンゴン。
シュエダゴン・パゴダ!Shwedagon Pagoda わず!
丘の上にある、金色に瞬く姿。

年に一度開催される、
日本と東南アジアの若者に於ける友好関係を維持するにはどうすればいいか、どうやってこれからの21世紀の課題を解決してけばいいかを考えるフォーラムに参加しながら
孤児院の小学校でのボランティア活動などもしてきました!






ルアンプラバンでベトナム人とラオス人に抱きつかれたり、プーシーに一緒に登った中国人に朝ご飯をごちになったり、ミャンマーでのトランジットビザをアライバルでとろうと思ったらAirAsiaにのせてくれなくて1時間交渉したり、バンコクのマーケットでマンゴーをたくさん買い込んだり、帰りの飛行機で気持ち悪くて嘔吐したり、一緒にいった人と変な関係になったりwww
そんなバカみたいな、濃密な一週間。
アジアの人たちの陽気さに元気をもらいました!





私は・・・カエルw の写真。
↓↓↓↓↓↓↓



(笑)




PTSDを抱えての一年ぶりの世界。
克服できたもの、自信になったものもあれば、課題として残ったものもある。

大学院生活を送りながらの1週間の海外逃亡が良かったどうかも分からない。

「なくしたものを数えるな」

何をしても得るもの、失うものがある。
それならば少しでもいろんな事を経験して、いろんな世界を見て、「行動」してこう。
change the world what you see the world.

世界は、ただ、ただ、広かった。


海外に行くたびに自分の弱さが明らかになる。
歩き出す事をためらっていたのに常識なんてつぶせると信じてた自分。


真の国際協力とは何か
彼らのために何ができるだろうか。



生きること。
それを信じていこう。

Secret
(非公開コメント受付不可)

今年6月我が家の前を歩く素敵な娘さんに声をかけてしまいました。聞けば大田から群馬大学大学院に通う生徒さんでした。医師を目指して勉強中とのこと、私も3年前頚椎症の手術を群大で受けリハビリ中でとても親近感がわきました。それ以来毎朝彼女に会えるのが楽しくなりました。人懐こい笑顔がとても可愛いい浩子さん、ボランティアにも活動し、世界に羽ばたく浩子さんを応援しています。
ラオス孤児院
ラオスで訪問可能な孤児院を探しているのですが、名前や場所など何かご存知のことがあれば教えてほしいです。
プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク