*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
摂食障害について俯瞰。
3月25日(月)

うわーーーー;ω;)さっきまですっごい力作★長文かいてたのに
パソコンのネット環境がいきなり切れた;ω;)
テキストファイルで下書きするの忘れるとこうなるんですよね・・・


→結局日曜日に書き終わらなくて、月曜日の今かいてますw


たまには摂食障害ネタも書こうかと思います☆

というのも、

http://www.trapro.jp/articles/66
に書いていて、結構摂食障害も激アツネタ?


股関節闘病ブログもちゃんと整理したいとも思ってます。
だらだらしてたら、ちょっと気分も晴れて来ました。


○このブログのメインは股関節闘病記
○ただ、それが要素の一つとして、摂食障害も発症

まぁ、単純に私:ころいどが、自分を整理したいって意味なんですけどね(・ω・;)




股関節闘病ブログもちゃんと整理したいとも思ってます。
だらだらしてたら、ちょっと気分も晴れて来ました。


○このブログのメインは股関節闘病記
○ただ、それが要素の一つとして、摂食障害も発症

特に!!
摂食障害は100人に1人、
いや病院にいっていないだけで実際は50人に1人
いる病気じゃないかと思われるほどです;ω;)



でも、もしこれからAAOやRAOを受ける若い女性の方がいたら、
頭の片隅にはおいてほしい。
「摂食障害」っていう病気もあるっていうことを。
股関節が悪いから、なるっていう因果関係は全く持ってありません。
しかしながら、股関節が悪いっていうことが、摂食障害の要素の一つになりうる気がしているんです。

私の場合は、
○先天性股関節脱臼でうまれたこと>親への罪悪感、自信のなさ
○股関節症による"体重管理"の助言>太る事への恐怖概念
○股関節のハンデからうまれた、負けず嫌い>双極性。過度の頑張り屋、気分の波。
この二つから、主に発症したと思っています。

といいながら、あんまり分析してもよくない><)
摂食障害の専門家の先生に言われたのは、「解釈はよくない」。
大切なのは、「事実」であること。
「過去の解釈よりも、これからどう生きていくか、どう向き合っていくか」。


摂食障害の本人は、
本人は、辛さと常に闘っている。
なった人にしか、わからない辛さ。

簡単に、「わかってるよ」なんて、声をかけられるようなものじゃない。

自分の中では、頭では分かっている。
「食べなきゃいけない」 /  「食べるの、やめなきゃ」 / 「もう、吐くのはやめる!」

でも、
でも・・・・。。。


そんな病気っていうことを、周りの人たちに分かってほしいんです。
おこがましいようだけれど、
周りの人が支えて、本人が生きる希望を取り戻して、
はじめて治療に向き合えると思うから。






-2009年3月5日
左股関節AAO オペ

◆2009年(大学2年)
-8月 リハビリ回復が遅く、ダイエットを意識。
-10月 本格的にジムに通う。ダイエット奮起!
-12月 なかなか減らない。2kg減くらい。

◆2010年(大学3年)
-4月 体重8kg減!周りからちやほやされてうきうきし始めるw
-5月 このころから生理がとまる(その後1年間止まったままww)
-8月 体重12kg減。ジョギング10kgに励む。
-9月 もはや一日1~2食、小食弁当でしのぐ。
-11月 多摩川市民マラソン 10km完走!朝はしょうが紅茶、主食はキャベツ。
-12月 体脂肪5%。体重は30kg台に突破。

◆2011年(大学4年)
-4月 健康診断で、まさかの一年で25kgやせたことが判明。
-5月 ある出来事から自己否定、そして過食発作が出る。
-6月 教育実習で3週間実家に。もはや狂った満腹感。
-7月 過食嘔吐が出始める。
-8月 過食と拒食がある中、アフリカに2ヶ月。台湾のチームの中で過食に。
-9月 アフリカから帰国後で10kg太る。バイトしながらダイエットに励む。
-11月 卒業研究の本格化。過食嘔吐の癖がつく。
-12月 教授と卒業研究の佳境。過食嘔吐の日々。
2012年
-1月 過食非嘔吐へ。しかしながら、18時間の過眠、そして、過食。
-2月 なんとか院試を受けるものの、仮眠過食。とにかく、食べて、寝る。
-3月 卒業研究発表が終わる。


◆2012年(大学院1年)
-4月 大学院の健康診断でひっかかる。体重66kg(155cm。1年で30kg太る。)
-5月 精神科受診。SSRI(抗うつ剤)、デパケン酸(精神安定剤)服用開始。
-6月 糖質制限ダイエット開始。毎日10kg歩く、1ヶ月に3~4kgのペースで減量 
-8月 半年で17kg減量。もはやふらふら。
-10月 免許合宿で旅館のご飯、3食。ここでも主食の拒食は続く。
-11月 研究室のストレスから過食スイッチオン。お菓子を食べまくる。
-1月 あっという間に10kgリバウンド。就活開始。
-2月 やっと食事は食べれるようになったものの、なぜか増量中ww
-3月 漢方服薬開始。

とな流れになっています。
今は155cm 61kgのぽっちゃり体型です(;ω;)))))))
やせたい。。。

とはいえ、気持ち的には、吐いてた頃よりも、すごい楽。




食べる事もままならなくなって、
最近はやっと落ち着いてきた。
過食嘔吐はしてない。

無茶食いスイッチはしばしば入る。

でも、どっちかっていうと、
「甘いもの、さっき食べたからもう一口食べちゃおうかなー」
とかそういう程度。

なんで嘔吐はしていないんだろう。
単純に、嘔吐の快楽を忘れてきたのが大きいのかな。

それでも、一方で、
イライラは募る。

いままでイライラを食べ物に代償してきたから
今でもめっちゃ不安になるときとか、すごく多いし。

そして、泣きそうになる。
昔股関節仲間の人がいったけど、
迷える子羊とは、私のことw
未だに、迷える子羊ちゃんです(苦笑)







摂食障害。


こころの病気。




「生きたい」。
人は苦境に立っている時こそ、笑ったり、怒ったり、虚脱したり、いろいろな反応があるんじゃないのかな。
つらい時に起こすそのアクションこそが、
もしかして、「生命力」ということなんだろうか。



恒例の就活エントリーシートシリーズ。

最近は就活についても、一種の割り切りが出てきました。

私は、私らしく。
就活にNGな病気についても、私は書こうと思います。
だって、それが、私にとって大きなものだから。
真実は、きっと、真実だから。



あなたがご自身の『明日を変えた経験』もしくは
『今後ご自身の明日をどのように変えていきたいか』について教えて下さい。 ※ (400文字以内)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



持病に対し、手術を選択したことです。
大学2年で股関節に発達障害の治療宣告を受けました。
このままの生活では十数年後には確実に歩けなくなる。
治療法は二つ。走るのもダメという保存療法か、手術。
しかし手術による悪化の可能性も。家族の反対、病院選び、全てを超えて、私は手術を受けることを決めました。
それは、リスクに怯えるよりも、挑戦する人生を送りたかったからです。
無事手術は終わったものの、真の戦いが始まりました。
麻酔による嘔吐、1年半のリハビリ、軽度障害ゆえの差別。
何度もくじけそうな時、ひたすら自分を信じました。
この手術がきっかけとなり、私は今しかできないことを大切にするようになりました。
大地に足跡を刻もうとボランティアで途上国を周遊、インターン。そして主治医が感嘆した、マラソン10km完走を成し遂げました。
自分を信じて突き進む大切さ。今後もこのように挑戦する姿勢で明日を変えていきたいと思っています。


製薬業界を志望する理由。
それは、専門性の高い領域で、一日本人として世界の人々の健康に貢献したいからです。
先天性股関節脱臼という病気をもって生まれてきた私は、度重なる手術とリハビリ、それよりも強い偏見に、
心まで病んで何度も心くじけそうになりました。
やっと歩けるようになった足で旅した途上国で見たものは、卑屈な運命に負けず、必死に生き抜いている
生命力あふれる子どもたちの姿でした。
私は、病気を通じたくさんの人に出会い、支えられ、学ぶ事ができたのです。
その経験から、医療で大きな部分をしめる製薬業界に惹かれました。
大学院までに及ぶ生命科学の専門性を、薬、医師、患者さんの人生に捧げたい所存です。


Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク