*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
見えない過食との戦い。
3月6日(木)
(ころいど=みせす=自分)です。

大分にきてます。今日は一人で別府と湯布院をぶらぶらしていました。

ちょっと今日はネガティブな気持ち。
この気持ちを思ったのはおとといですが、一応気持ちとして書き留めておきます。



**************************
そうそう執筆した書籍の販売が確定しました。
次の記事でかきますね☆



**************************


いつもは、手書きで、気持ちを書き留めてるんです。
押えきれない、"衝動"を。

それでも、気持ちが、私の心を、押し出して、
悲鳴を上げていて。

パソコンは、打ちやすいから、好き。

言葉も、すぐに訂正しやすいから。

_______________

最近、過食です。

2kgくらい、太ったんじゃないのかなって切に思う。
修論発表が2月の中旬に終わって、
そのあと、どうにか修論製本を仕上げたのが2月の末。
その間、北海道弾丸でいったり、友達の結婚式があったり、
すぐに、大阪いって、クリニクラウンの選考会にいってきたり。

充実しているはずなのに….
気持ちはなぜか、置いてきぼり。

何もしていないより、充実していた方が、私的には摂食障害は安定してる・・・
はずなのに・・・。

忙しすぎているせいなのかもしれない。
でも、忙しさの程度って、一度何かを始めたら、決められるものでもない。
そういいながらも、忙しさは結局自分自身が作り出しているものだから、
「自分で自分の首しめている」って言われたら、自業自得だよね。
そんな"言葉"に、私はどんどん苦しんでいく。

気づいたら、過食している。

ああ、またやっちゃった・・・。いいや、今日だけ。
また明日は頑張ろう。。。。

その繰り返し。

冬期うつだから、春になれば、
少しは安定するかな、って思っていたのに、


何が辛いって、

今までの経験から、
比較的、

  *過食しない環境*に、自分はいると思うのに、

(温かくなってきた、とか、いろんなところにアクティブに出かけたりとか、修論終わったりとか)

それでも、

"過食症"

の症状に苦しんで、体重に悩まされていること。


インドで買った、アーユルヴェーダの変な薬でも飲んでみようかな。(笑)

炭水化物をかじると、過食スイッチが入って、
何か食べずにはいられなくて、
そわそわして、不安になって。
でも最近は過食嘔吐すらできなくて、




まだ、摂食障害と闘っている自分がいる。

泣きたい。

つらい。


死んじゃえばいいのに、とは思わないけれど、
どうしたらいいかも分からないし、だからといって、答えがほしいわけでもない。


・・・・・


牛丼とか、カレーとか、お昼、そういうのだって思うだけで、辛い。
油物を食べるのが怖い。

そういいながら、今日の朝から、チーズケーキの試食をしたし。
家でごはん食べないくせに、外ではおにぎりつまんで。

三食、ちゃんとした「適切」な量を食べれなくて、
栄養面で心配されるってことも、別に関係なくて。

家では、ほうれん草のゆで方ひとつまでいちゃもんつけて、
それでいて、
外では、とにかくあるものを、口に穂織り込むだけ。


私にとっては、栄養面よりも、
何を食べて、どう思っているか、どういう気持ちなのか、っていうのがもっともっと大切で、

私にとって食べる行為は、
人と話すために行う行為 or 自分の精神を満たす行為に他ならない。

本当に、泣きたくなる。

ただ、ただ、怖くて。

こんな私が4月から、社会人になれるのだろうか。


せっかく信頼できる先生に、巡り会えたのに。
別れてしまう、不安が、大きくて。
親元を出てしまう怖さもあって。

一人で、うまくやっていけるかも、分からなくて。

だからって、
会社の人に、どうこうしてほしいわけでもなくて、
ただ、
「摂食障害を持っている」という事実だけを、分かってほしい。
下手に、食べない事に、心配されないでほしい。

そんな風に、思ったりもするのです。


私は、どこに向かっていくのだろう。

まだ、まだ

摂食障害と、向き合えてないのかもしれない。



摂食障害が、完治してほしいなんて思っていない。

もう、なかば、諦めてる。

うまく、"一緒に",生きていければいい。


って、思っているはずなのに、


こうして、「過食」に、病状が、"後退"すると、
本当に、泣きたくなってたまらない。

体重を気にしたくないわけではない。

"標準的な体型"と、"生活習慣"が、ほしい。

適切に、満腹感を感じて、腹八分目に幸せになれる身体がほしい。
ちゃんと食べて、標準体型になりたい。
過敏に運動しなくても、標準的な体型を維持できるような、生活習慣が欲しい。

毎日の間食はいらないから。

旅行にいったときの、スイーツくらいでいいから。




そして・・・

・・・・・やせたい・・・・・・。

太っているよりも、
やせているほうがいい。


「なんで、そんなぽっちゃりなの。」


例え、その言葉が、意味がなかったとしても、

笑って、ごまかしてる、私の心には突き刺さっていて、

「摂食障害なんですよー、ははは」
って笑ってごまかしていても、


気がついたら、

心の底では、

涙が溜まっていたことに、

・・・・

そのやりとりがあった、
大阪から、帰ってきて、3日たった、
いま、気がついた。





いい方向に向かっていると思っていたのに、

まさかのこういうことがおこっていて、


大学のNPOで関わっていた、後輩が、
私と同じ、摂食障害に苦しんでいるのに、
その子に、手を差し伸べる事もできなくて、
うまくメッセージのやりとりをできなくて、(ちょっとわたわたしてて遅れてて)、
相手を傷つけて。


その発想が、"全か無か"っていう、誇大的な決めつけネガティブ発想だっていうことも、知ってる。

でも、

でも、

私は、苦しんでる。



普段は、

"みせすは、苦しんでいる"

って書く私=みせす、だけど、

この文章を書いている私は、「みせすは・・・」って書けなくて、

それくらい、泣きそうになっている。



そんな自分が、何を考えているかって、


涙流しているのに、
過食したこと、後悔しているのに、
頭の1/3の中では・・・・


「食べたいなぁ・・・・。」

っていう思いに支配されていて。

朝とか食べ過ぎたことを後悔しているくせに、
またまた、食べたい。

そして後悔するんだろうと決まっているけれど、

無性に食べたい。

この事実は、全く、変わらない。





**********************


ふと、深呼吸する。
はっと、して、夕焼けの外の景色が目に入る。


これだけ、だ。



これが、私の、唯一の、進歩だ。



食べるだろう。



それでも、夕方の、
優しい茜色に包まれるだけで、

一瞬だけ、幸せになれる。



過食は、また、始まる。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク