*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
lattice発売開始!
【書籍「lattice」発売開始!】
1622068_593972240682592_503161003_n.jpg

先日みせすが、fb上でご案内した、執筆した医学系書籍"lattice"ですが、
いよいよ丸善出版のホームページで販売し始めました!
http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784990294984.html
全国書店のどこかで見かけたら教えてください。

みせすの尊敬する、あかはなそえじ先生-Masakazu Soejima先生のインタビューも掲載されています!読み応え満載です!

****************************
医学は誰のもの? 治療を超える医療とは―代替統合医療の可能性
~女子大生のインド アーユルヴェーダ体験記~
****************************

YMSのホームページでは....こんな風に書いて頂いて↓↓↓↓
>巻頭特集では、「医学は誰のものか」という壮大なテーマへの答えを求め、2人の学生が伝統医学アーユルヴェーダを体験するためインドを訪れました。

http://yms-lattice.net/saishin.html

本当に嬉しすぎます(;;)
昨日,阪大院で修士2年の友達と「何か書くことが有る」というのは、ひとつの喜び、と話していました。
その友達は、修士の結果から論文を書く事になったらしく、私は、データこそ出せなくて研究もほぼドロップアウトしたものの、
それでも、
こうして、
院のおかげで、インドにいく時間も取れて、
モラトリアムな時間も取れて、
「医者になりたい」=>医学部学士編入に挑戦できたし、
自分の中でひとつのけじめができました。

何度も思い返しても、考えても、
結局は行き着くところは同じで、
みせすにとっての修士論文だったと、思っています。

この記事を書けて、よかったな、と。

過食に苦しんだり、
そんな日々ですが、
少しでもできる事を増やしていきたいなぁ。と願いを込めて。




以下、引用。
_________________________________________
●内容紹介
書籍化第2弾となるLattice Vol.2『医療はどこへ向かうのか』
巻頭特集では、「医学は誰のものか」という壮大なテーマへの答えを求め、2人の学生が伝統医学アーユルヴェーダを体験するためインドを訪れました。また、救急医として活躍する聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の北野夕佳先生に、3人の子どもを育てながらどのようにキャリアを積んできたかをインタビューしています。さらに、2007年より続いている日韓共同プロジェクトでは、日韓遠隔授業で新たな試みを行うなど、「医療を通じてアジアをひとつに」をテーマに、ますます精力的な活動を行っております。ほとんどの企画が、学生が中心となって取材・執筆を行った、熱意あふれるものばかりです。

■目次
・医学は誰のもの? 治療を超える医療とは―代替統合医療の可能性
~女子大生のインド アーユルヴェーダ体験記~
・Your heart feels so Free?~ダラムサラ アイキャンプ~
・スーパードクター
北野夕佳 聖マリアンナ大学横浜市西部病院救命救急センター
・医師の本棚―帯津良一先生が選ぶ6冊
・Latticeがお薦めする書籍15冊

日韓共同プロジェクト
・慶熙大学韓医学部研修~韓医学に触れた3日間~
・高神大学Lattice講座
・西洋医学×韓医学 遠隔授業
・よくわかる韓医学 『KBS東医宝鑑』日本語版出版
・山清伝統医薬エキスポに参加して
・日本と台湾の医学生をつなぐ 日台医学部学生交流会
・夢は必ず叶うから!~医学部6年間を振り返って~

・オールラウンドヘリコプター取材レポート
ヘリコプターが日本の医療を救う
・院内学級教師・副島賢和先生取材レポート
さいかち学級のあかはな先生!
・NPO法人宇宙船地球号 事務局長 山本敏晴先生インタビュー
「国際協力」の世界を目指す人へ
・いのちと向きあうために〜いのちフォーラムin庄内〜
・生活困窮者への支援 ドヤ街の人々にどう寄り添っていくか
・ミャンマーに音楽を届けるプロジェクト
NPO法人ジャパンハート共催 Orchestra MOTIFチャリティーコンサート
・患者や研修医に人気の秘密とは
QOL向上に徹底的にこだわる亀田メディカルセンターの秘密に迫る

・とうきんきょうボランティアレポート
ボランティアの体験から得られるもの
・国立療養所 長島愛生園見学レポート
ハンセン病患者が私たちに伝えたかったこと
・発達障害の子ども達の成長を支援する
教育サポートセンターNIREでのボランティア
・海外で働く医師たち
・熱血!医学生団体ここにあり!
・まんが「アルベルト・シュヴァイツァー物語」

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク