*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
食育ボランティアを経て、気づいたたくさんのたいせつなこと。
8月15日(金)


ころいど、こと、みせすです。
相変わらず週4,5で、朝jog続けています。
だいたい4,5kmくらい。毎朝。

6月おわりに恥骨をいためて、
今もまだ痛いけど、だいぶ楽になってきましたww

111111.png

いろいろご無沙汰してすいません。
そして何より、先日のブログ更新は
センチメンタルな文章も入っていて、ごめんなさい。

ちょっとさすがに配属発表に、
ショックを隠せずにいましたが・・・・

やっとみなさんのおかげで、元気になりました♡


支えてくれている人に、改めて、感謝、です。




**************

8月9日〜17日まで、
夏休みをいただいておりました。

が、
夏休み前半何をしていたかと言いますと・・・・・


7340_516331855177646_406817506610023978_n.jpg


生活協同組合コープさん×KKP
親子出前実験教室!



みせすの「食育!」科学実験教室。

バナナの遺伝子を見てみよう!

〜いのちをいただきます〜


10480010_516331878510977_1674011673050458712_n.jpg



大学院時代に立ち上げた、
KKP(キッチンの科学プロジェクト)という
食育科学実験のボランティア


ーKKP(キッチンの科学プロジェクト)

に復帰してました♡


これが、8月9日。


社会人はじめての、夏休み初日(笑)




・・・・・


で、そのあと何していたか、っていうとk、



111.png

ま・さ・か・の大舞台・・・・・!!!



東京国際フォーラムにて、

みせすは、親子40組を前に、「発酵」に関する実験とプレゼン。


やっと、昨日本番を迎えて、無事終了することができました。




****************************************

KKPが運営団体として関わっていた、
KKP×共同通信社「弁当の日応援プロジェクト」が、無事終わりました。

◆3.2.1.発射! ペットボトルでミニピザづくり
(講師役:KKPみせす)

◆体験! かみかみセンサー 不思議な口の世界
(講師役:KKPさりー)

◆イクラを作ってみよう & お弁当マジックって?
(講師役:KKPあやこちゃん)

朝から3部構成、
九州の稲益先生をお出迎えして、
先生の講演の一部を、KKPが科学実験させていただきました。
それぞれの講演で、

みせすは、発酵について。予備実験を用いながら。
さりーは、ベネジクト液を用いた糖化実験。
あやこちゃんは、人工いくらをつくって、コピー食品の解説。

それぞれのコンテンツで、食育科学実験、および解説を、KKPが担当させていただきました。

****************************
東京国際フォーラム「キッズジャンボリー」
弁当の日応援プロジェクト
「夏休みの自由研究お助け隊 楽しく食べる体験教室」

◎運営:「弁当の日」応援プロジェクト/キッチンの科学プロジェクト(KKP)
◎協力:キッコーマン株式会社/クリナップ株式会社/住友生命保険相互会社/積水ハウス株式会社/全国農業協同組合連合会/東京ガス株式会社/ハウス食品グループ本社株式会社/はごろもフーズ株式会社
http://www.tif-kids.jp/2014/wonderclub/detail_07.html#a
****************************



P1020777.jpg

食に対する想いが
本当にかっこいいい、

稲益先生と。

先生の最後の、弁当の日の講演は、

私は、ただただ、号泣でした。


P1020790.jpg

最高のメンバーに囲まれ。


去年の夏から、
こんな大舞台にたてるとは思ってもいませんでした。

久々の大舞台に、足がすくみそうになったのは事実ですww
事実一回こけましたが(笑)
うまく会場の皆さんのおかげで
切り抜ける事が出来ました。

先生のお話に真剣になってきいてくれてる、
純粋なこどもたち。

いつの間にか、見学者である、お母さんも一緒に,
「へぇ」と夢中。

これも、きっと、科学の力。

前日も、夜19時からの打ち合わせ、
そして、深夜までお持ち帰り資料をつくったり、深夜2時からのパンをつくって。
朝5時に起きて、そして朝から最後の飲みまでドタバタ。
深夜1時に群馬に帰ってきて、昼過ぎまで寝てました。ほんとに。
ひさびさの「バタバタ感」だったなぁ、と思っています。
正直、社会人やりながらの、KKPは、辛くて辛くて、逃げ出したくなりました。

それでも、
団体発足から1年して、共同通信の方の力は大きかったのですが、
こうして大きな舞台でイベントができて、
「説明わかりやすかったよ!」
「一体感あったよね」
「いいチームだね」
っていってもらえて。
みせすは久々の登場で、ご無沙汰していて、初対面の子もいたのにかかわらず、
こんなみせすを受け入れてくれて、

素敵な、メンバーに囲まれ。

「こんな大人になりたい!」と思える講師の先生の懐の深さに、抱かれ、

共同通信社の皆様のおかげで、
こんな大舞台でプロジェクトをすることができて、

本当に、みせすは、幸せだな。と。

こどもたちの前では、

みせすは自然と笑顔になれる。

自分の発する言葉に、
子どもたちが反応して、
その垣間みる笑顔や驚き、発見。

その瞬間が、

みせすのエネルギーになる。

私は、プレゼン能力があるかどうかは、
全然わからないけれど、

もし、わたしの話し方に特徴があって、

こどもたちに

少しでも、

笑顔を届けられるなら、

これからも、KKPをやり続けたい、と思いました。

食を通じて、
出会った、仲間たち。
その喜び。

__食を大切にする人は、
誰かを幸せにする力を知っている。___

稲益先生の、そんな言葉が、とても、私の心に響いた。

稲益先生、
辰野先生、
共同通信の皆様。
参加者の皆様に、
本当に、ありがとうございました。

社会人になって、はじめての夏休み。

限られた期間で、
休み明けに、
資格試験の模試もあるのに
全然勉強もしてなくて、
(後半はがちでしますww)
逃げ出したくなる事も、いっぱいあって。

それでも、
こうして頑張ってきて、

「生きててよかった。」

の瞬間が、いっぱいありました。

自分らしく、過ごせる時間、過ごせる場所、空気。

そんな時間を大切にしていきたいと思っています。

みせすがこれからも共同代表をするかどうかはわかりませんし、
団体について再構築したいとも思っていますが、

「子どもたちに、
科学実験を通じて、
食の大切さを提供する」

という、団体理念は、これからも、変わる事はありません。

これからも、KKPを、よろしくお願い致します。


11.png



と、団体の話はおいておいて。

あらためて思った事は、


「私、愛されているなぁ。」


って思った。


そして、

「愛して、愛されて生きていきたいなぁ」

とも思った。




**********************

こんな記事があったので、見てみた。


【世界共通】
この10のサインが出たら「あなたはその人を愛している」





引用 1. 一緒にいるだけで幸せを感じる

誰でも日によって気分の浮き沈みがあるだろう。良い日もあれば、悪い日もある。でも、好きな人と会うだけでその日一日が良いものになれば、その愛は本物だ。



2. いつでもその存在が心にある

朝起きたとき、そして夜眠りにつくとき、最初に思い浮かべる人は誰だろう。どんな時でも一番に頭に浮かぶ人、一番に話を聞いてもらいたいと思う人こそ、本当に愛する人ではないだろうか。




3. 自分よりも優先して相手のことを考える

恋愛は自己中心的では成り立たない。誰かを好きになることで自分の問題がちっぽけに見え、自分よりも相手のことを気にかけるようになるはずだ。




4. 何でもしてあげられる

パートナーの幸せの為ならば、どんなことでもしてあげられるのが本当の愛。「好き」のレベルだったら出来ないことも、本当に愛している人には出来てしまう。


5. 周囲にどれだけ好きか教えたくなる

自信を持って誰かを愛すれば、あなたは躊躇無くその愛を周りの人に伝えたくなるはず。それは、隠す必要が無いくらいパートナーを愛している証拠だ。



6.欠点さえも愛おしい

人は誰でも悪いところがある。その人が持つ欠点を個性だと思えるのが、愛の力だ。誰かを愛することでその人の欠点を知り、認めることが出来るようになるのである。




7. 未来を想像する

本当にパートナーを愛するならば、その人のいない未来を想像できないのではないだろうか。自然と、相手ありきの将来計画を立てるはずだ。


8. パートナーのために頑張れる

愛する人の存在は、「自分を高めたい」と頑張るあなたの背中を押してくれる。パートナーのために最高の自分になりたいと思うことは大事なポイントだ。



9. 理屈ではなく「好き」

本当の恋愛は、誰かを無条件に好きになること。喧嘩しても離れていても、どんな状況でも自信を持って好きでいられるのである。




10. 親友でもある

本当に好きになると、その人は恋人としてだけでなく親友としても大事な存在になる。一緒にいたら、無敵だろう。

これをみて、思った。
ああ、私は、

こどもが、好きなんだな。

料理が、好きなんだな。

食育をやりたいんだな。

医食同源を、伝えたいんだな。



って。


今、やっぱり社会人として、働く事で
辛い事は、いっぱいある。

思うようにならない事も、いっぱいある。


それは、この科学実験ボランティアのプロジェクトをやるにも、同じだった。


でも、

でも。

こどもたちの前では、


私は輝いていたのかもしれない。



本当に、
「好き」

で、

「やりたい」


って思える事の1つなのかもしれない。



たしかに、去年、
この活動をやっていた時、私の過食嘔吐は、おさまっていた。


会社に入って、

なれない集団生活で、

過食嘔吐が、再発してしまった。


将来の不安はつきないけれど、


私は、こうして、

「好き」

ってことに、また、立ち返る事が出来た。





それって

とてつもなく、愛おしい事なんだろうと、今、ふと、思った。

1111111.jpg








みんなと気が会わなくてもいい。

それは、その人を否定する事ではなく、

その人の個性を受け止めた上で、


わたしが、わたしらしくいれる人と、
一緒に時間を共有していけたら。





10485831_518952451582253_1408407579745479683_n.jpg

 


新潟の股関節なかまの、ちあきちゃん。
返事しなくてごめんなさいmm

でも、遠くから、たまに、メールをくれる人がいて、
その人のメールを読む事で、ほっこりする自分がいて。

改めて、

私は、

「愛している」

って思った。

**************

今、
AAOのオペを受けおわり、リハビリの関門に突入した

ともちゃんも、

いつも。


こんな、

私の事を支えてくれるひとたちと、

一緒に、素敵な時間を、
同じ空の下で、つくっていきたい。




*************

群馬の大学院を支えてくれたたっちゃんも、
いつも、コメント、ありがとね。



 123.png



大切な友人に囲まれ、

もう少しで夏休みは終わっちゃうけど、
(勉強してないけどww)



また、
「好き」なことに、立ち返れた、夏休み。


それは、私にとって、

大きな財産なのかもしれない。

これからも、よろしくおねがいします。


Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク