*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
2015謹賀新年ご挨拶。
2015年1月3日

あけましておめでとうございます。
ころいどです。

なんか書いてたらいきなり消えたんですが(涙)
もう、悔しいから、また書きますww


10521174_704091586356552_7429407854573365560_n.jpg

11月にとった詐欺プリ(笑)
じゃなかった、<右>がころいどです(^ω^)

昨年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
そして本年も、宜しくお願い致します。


*****************

正月につくったころいど家のおせち。


1922130_1068551749837761_2957845194663050436_n.jpg


  10906485_1068551756504427_6066499337035635317_n.jpg


おせち料理つくってみた。

煮しめ↓
飾り切り大変だったww


10384818_1068551763171093_5260988856271593064_n.jpg


田作り。

かたくちいわしは、まさかの「煮干し(しかもお徳用)」でつくりましたw

1555460_1068551753171094_8093540879118113499_n.jpg


伊達巻き。

フードプロセッサーに、はんぺんと卵いれてやくだけ^^
あら簡単!
これなら毎日つくれるってくらい^ω^)

 
10401351_1068551759837760_1383794836096472082_n.jpg

あとローストビーフと、きんぴらごぼうと、はなまめ!
それらもつくりました^ω^)

家族から少しでも喜んで頂けて、幸せ。

「食を大切にする人は、誰かを幸せにする力を知っている。」
食育の先生の言葉が、心にいつも、響いています。

そんなこんな、おせちを
つくりながら、
年末に以下の記事を書いていたら、年が明けました。
早いもんですね。
でも、一日、一日がすぎるのが、まだ長い。



___________________

<<2014年のこと>>

___________________
2014年
12月31日
ご無沙汰、しています。ころいど、です。

いろんなことが、あった2014年が、やっと、幕を閉じようとしています。

1月 修士論文提出。
2月 修士論文発表会。修士号取得。みせす執筆デビュー。
精神科の主治医に、「初診時、この日がくることは考えられなかった」と言われたw
3月 KKPワークショップの旅×一人の卒業旅行。
岐阜へ。(股関節の)主治医のもとへ、股関節定期検診。精神科主治医との(一時的な)別れ。

4月 (2年おくれての)社会人デビュー、研修生活へ。
5月 まさかの社会人なのにGW連休。そして精神科主治医の再会。
6月 久々に精神的に参る。過食嘔吐を一日に1回、週に2,3回繰り返す。
7月 少しずつ元気になる。「四逆散」という漢方に出会う←もしかしたらこれが大きかった?
8月 夏休み。配属発表で、入社時に希望していたときの職種じゃないことが分かり、落ち込む。
   科学実験のボランティアで、共同通信社と、東京国際フォーラムでデビュー!
9月 配属前研修。半年間の導入研修終了。東京へ引っ越し。
10月 配属。なかなか生活がなれず、緊張が続く。
11月 仕事のリズムが少しずつつかめ始める一方で、焦る。冬季うつ。
ハーフマラソン完走。
科学実験ボランティアの団体が、農林水産省主催のコンテストで、活動内容が認められる。
「食と農林漁業の祭典大学生アワード」農林水産省 獲得。
12月 仕事における、認定試験。合宿を乗り越えて、いよいよ業務も本格始動←イマココ


こう思うと、怒濤な一年でしたね。

121212121.png


初めてのハーフマラソン。
本当に辛かったけど、乗り切る事が出来ました。
人生って、本当に、マラソンみたい。

辛くて、辛くて。
でも、、

歩いてれば、それは、確かな一歩になる。

その積み重ねで、ゴールが見える。

1つ1つのマイルストーンを達成していく。
その、達成感。
その中で出会う人たち。

応援、声援。

いろんな人に支えられて、生きているってこと。


___________________
<<仕事のこと>>
___________________

コンプライアンスの兼ね合いも会い、
自由に書きすぎると社会に迷惑をかけてしまうのでw
心の想いだけを軽く綴ります。


4月から社会人を迎え、
新人研修ならぬストレスで体調を壊し。

認定試験のための試験勉強は、受験勉強以上にがんばった気がする。

10月から配属。
営業現場ではなかったけれど、自分にとって予想外の最高の部署に
配属させていただきました。
いろんな経験をさせて頂き、
本当に、本当に、感謝しています。


「第二の家族」と思えるくらい、最高の先輩社員の皆様、
部長、課長に、恵まれて、本当に、幸せです。


10月からは東京での一人暮らし。
朝起きて、仕事して、家帰って、自炊して、洗濯して。
なかなかうまくいかなったり、大変ですが、
生きていることに、感謝しています。

失敗したり、頑張りすぎて空回りしたり。
それでも、仕事に救われていて。
仕事を通じて、社会のためにたちたい。と。

仕事をもらうために、仕事をする。
ころいどだからできる仕事を、なんて、最初から高望みするんじゃなくて、
チームの中で、一人、安定感をもって、仕事をしていく。

それが、まずは、当面の目標です。

10600532_1021016357924634_6123576803174373069_n.jpg



___________________

<<KKP(学生団体のボランティア)のこと>>
____________________

大学院生時代に立ち上げた、こどもたちへの、「食育」科学実験ボランティア活動。
それが、今では、農林水産省主催の学生団体コンテストで、
農林水産大臣賞をいただけるまでに進化して。

1483185_1031493250210278_3692762378942527103_n.jpg

すごい団体になったな、最高の仲間が出来たな、と感動に打ち拉がれています。
まさか東京勤務になると思わなかったですし、
そういう意味では、1つの運命性があったのかもしれません。
そして、何より、私のライフワークの1つです。
仕事上、転勤も予測される私の仕事ですが、それでも、そのときまで、
「食を通じて、こどもたちの笑顔を守ること」その活動を続けていきたいと思っています。




111.png



  
___________________

<<病気のこと>>
___________________

このブログは、いちおう「闘病ブログ」なのでw
[持病]を振り返ってみる。
___________________
◆変形性股関節症(臼害形成不全)
___________________
実は4月から走り始めましたw
ほぼ毎日。うん、走ってない日のほうが多いんじゃないかな。
夏とか秋は、5:30起床、6:00は走り始め。
最近は5:45起床、6:15走り始め。

夏くらいに、疲労骨折じゃないか、って思うくらい、恥骨をいためた時があって、
そのときはもう走れなくて走れなくて辛くて。
1ヶ月くらい辛かったけど、そのうち収まってくれたみたいですね。
で、なんとかハーフマラソンを2時間10分で完走しちゃいましたww

と思ったら・・・
今、右の太ももの前側が痛くて、めちゃくちゃつらいですw
昨日は発狂しながらびっこひいて走ってました。

私は、今漢方のメーカーにいますが、
その理由、原点が、この、股関節、なのです。

小さい頃からの痛み。痛みと歩んできた25年間といっても、過言じゃないかもしれません。
根本治療をする、外科的手術に救われながらも、術後の痛み、麻酔から覚める際の吐き気、など、西洋医学の限界を感じたり。
西洋医学を補完する医学として出会った、漢方医学。
まだ何も仕事としてできていない私ですが、微力でも、少しでも、医療の一部を担っていきたい。
その思いは、変わる事は有りません。

仕事の関係もあって、少しずつ、勉強している、慢性疼痛。
慢性疼痛の苦しさ。
まさかの、私が、慢性疼痛に苦しめられている事を、やった気づきましたww
大腿四頭筋前側の痛みを感じ、びっこひいている私をみて、
「病院行けば」という母に対し、「ああ、私は、痛みと一緒に生きていく人生なんだな」まで感じています(笑)

___________________

◆摂食障害+(非定型うつ)
___________________
股関節の手術を受けたのが、大学1年〜2年になる春休み。
そして1年のリハビリちょっとのあと「やっと自分らしい人生を歩める!」と思った矢先の事でした。
股関節のために体重を減量しなきゃ・・・
その想いがあせり、体重がどんどん落ちていき、食べることも、怖くなりました。

摂食障害を患ったのが、大学3年・・・ですか、ね。
拒食1年の、過食嘔吐1年、過食非嘔吐3年。
5年間がたとうとしておます。
股関節でも泣いたけど、摂食障害では、もっと、泣いた。
自分が自分じゃなくなる感覚、信じられなくなる感覚。
過食している自分を鏡で覗く。そのすがたに、はっと、する。

「股関節症」の心の苦しみ。
自分がどんなに辛いと思っているか:でも、外見からでは、すぐには見えない。
この苦しみを認めてほしい。SOSを言いたい。
その苦しみが、「摂食障害」という、心と体の病気になったのかもしれません。
「摂食障害」は、私の、股関節症という、持病へのコンプレックス、そのもの。
だから何ってことはないんですが、共に、生きていく。そんな気持ちです。

2014年の2月。修士論文前は、つらかったですねーww
荒れて、吐いて、そんな連続。
4月に、社会人になったら、完治すると、思っていました。
・・・が、世の中そんなに甘くなかったですww

心配して、そして理解してくださる、職場の方々。

就職したから、通院生活とはしばしの別れと思ったら・・・ww
悪化に伴い、主治医のもとへ(笑)
優しく受け入れてくださる私の主治医。本当に、出会えて、良かったと思える、先生です。

会社での認定試験の勉強、半年間の合宿生活、という
個人プレーのころいどは、もう悲惨な生活を過ごしてましたねw
4人部屋になじめることなく、一人ベランダで発狂してたり、涙したり、
“試験勉強”という、点数で自分が評価されるのでは、というストレスも大きかった。
そのせいで、摂食障害の悪化。
配属後は安定したものの、12月の試験が近づくにつれて
本当に辛くて、過食も続いて。
試験前の直前研修では本当に辛くて、発狂して、不眠で、
でも安定剤を飲まずになんとか乗り越える事が出来ました。

ようやく何もない冬休み。迎えられてほっとした、と思ったら、
もしかして、やっと、[摂食障害と向き合う]時期に来たのかもしれません。

実家に1週間ちょっとこもって、散々気持ちと向き合っては、落ち込んで、
「治そう!!」と思えば思うほど、気持ちが、焦って。

そうやって、

やっと気づいた事があって。

それは、
「摂食障害を治したい」と思って、「治る」ものじゃないんですよ、これ。
そしたら社会問題なんかなっていないし、厚労省の難病指定になんかにも、なっていないかと(苦笑)

前、半年間通院していた、漢方の専門医が私に言ってくれた言葉。
「タバコの禁煙外来にも、摂食障害にも共通するかもなんだけれど、
タバコってやめるときが、自然にくるんだよね。だから、摂食障害も、
焦って治す必要はなくて、時期がくれば、そのうち、治るから。」

その言葉に、はっと、した。

*焦らないこと。
*時を待つこと

摂食障害になって失ったものはたくさん有るけれど、
病気になって学んだ事は、たくさんある。

上司にとって、職場の方々にとって、親にとって、友達にとって、
願うべきは、私が摂食障害から回復すること、完治することだろう。

でも、私は、まだ、治せないし、向き合えないのかもしれない。
今の私は、「病気と仲良くつきあっていくこと」は、なんとか、できる。
だから、もう少し、待ってください。
わがままだけれど、まだ、「完治」という、高いレベルにはいけそうにないです。

正月を迎える事が、どんなに辛い事か。
正月太り。家族そろって、他の人の目を気にしながら、
カロリーの高いおせちをつまむこと。
どんなに、どんなに辛い事か。
冬季うつで、眠くて、起きられなくて、生理もやっときたと思ったら眠くて。

しんどいことの、連続だけれど、
ちょっとだけでも生きていければいいな、と。

「人間的な無能感」。まるでどん底に落ちてしまったような、この気持ちから、
どう立ち上がっていくか。

10885468_1068554149837521_2941855691703290494_n.jpg

大好きな、ガーベラ。

花のように、純粋で、綺麗な、真の美しさを秘めた女性になりたい。

そして、周りの人を、笑顔に出来る、力を。

___________________

<<2015年のこと>>
___________________


2015年。
目標は、実は、まだ、あんまり何もなくて。

と思ったけれど、実は案外、ありました笑)

*毎日の朝jogを継続すること(できれば楽しく走る。)
*日記を付ける。書く。
*毎日論文を読むorDVDで勉強していく
*目的を見失わずに、仕事に取り組む
*体調管理
*本を読む(月に2冊。ただしジャンルは問わない事にする。笑)
*いろんな人と交わり、お金と時間を使って、豊かな生活をすること
*自炊する。
*早寝早起き。
*一日、一日を、着実に生きる。
*一瞬一瞬を、精一杯生きる。
*日々の暮らしを大切にする。

これらのマイルストーンを通じて、


*あたたかさと優しさで、包まれた日々でありますように。

*少しでも心穏やかな時間を過ごせること
*人と、自分に、優しくなれること
*生きててよかった、と、思う時間を、少しでも多く持てること


・・・・・・・・・・・・
負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じ抜くこと

駄目になりそうなとき
それが、一番大事。

涙みせてもいいよ、それを忘れなければ。

(♪それが大事)
・・・・・・・・・・・・

辛い時。だからこそ、それが一番、大切な時って信じて。
1つ1つ、丁寧に、乗り切っていきたい。

そして、そういうときにこそ、
自分の心と、「直感」を信じていこうと思っています。

私が、本当にほしかったのは、
自分自身を心から信じる事が出来る、喜び、だったんだ。

散々、自分の心と体に期待して、裏切られて、でも、勝手に期待していたのは、自分だけだったんだって、気付いて、
“”Being””の力を、信じていこう。

きっと、きっと、
いろんなものを、信じられる日が来る。
受け止められる日が来る。

そう願って。

2015年も、宜しくお願い致します。



10689449_1060110147348588_3004145465163356368_n.jpg

Secret
(非公開コメント受付不可)

肩の力抜いてゆっくり進んで行こう( ^ω^ )

辛かったらいつでも帰ってきていいんだからね。

どんな貴女も好きよ。ね、親友。

私も頑張るよ( ^ω^ )
りぃちゃんへ
いつもみせすを支えてくれてありがとう。コメントびっくりしたよ。これからも、こんなみせすだけど、よろしくね。大好き。
プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク