*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
6/25(木)摂食障害のこと。
6/25(木)
ご無沙汰してます。

「ころいど」(股関節ネーム)
=「みせす」(摂食障害、食育ボランティアネーム)
です。

※ちょっと、会社のことは書けないので、
記事を編集し直しました。ごめんなさい。


11147251_1185942434765358_6320803382812462601_n.jpg

最近とった、スマホアプリ。
なんとも美人にうつるw、
え?美人じゃないって?ww


 
_____________________

 <<最近のころいど的な(・ω・)>>
_____________________

・5/23 摂食障害仲間のまほろちゃんと初めての対面!お茶!

・5/24 築地ぶらぶら+東京ドームで一日デート。

・6/1  健康診断。採血してぶっ倒れるw(血管末梢神経反射ってやつ?)

・6/5  二ヶ月ぶりの精神科(摂食障害)ー主治医の診察。
主治医に体調崩していることを、話す。現状報告。
将来についてまじめに一時間語る。
そのあと、大好きな高校の親友ーりぃちゃんとお茶♡

1453495_1185942444765357_6594023985242043140_n.jpg

だーいすきなりぃちゃん♡25歳になっても彼女とならプリクラが大好き!w

・6/7  【食育科学実験ボランティア】パンケーキの予備実験。
・6/11  【リディラバ】摂食障害のイベントの打ち合わせ。
・6/14 【食育科学実験ボランティア】高校生向けに、パンケーキを科学する。
ベーキングパウダーと重曹のちがいについて。前日ファミレスで夕方からはじめて
なんとか創り終えるw自分自身が天才かと思ったww
そして、そのあと、高校三年生から個人的に相談受けて。すごく、すごく、嬉しかった。



・6/17 摂食障害ー安田先生ー講演会に参加。

・6/19 【リディラバ】摂食障害のイベントの打ち合わせ。

・6/20 【食育科学実験ボランティア】食育全国大会すみだ!ワークショップ!

・6/24  摂食障害の自助グループのオープンミーティングにはじめて参加する。
   素敵なヒトとの出会い。幸せでした。



_____________________________
 
  <<股関節近況報告>>

_____________________________

走ってます。

(笑)

相変わらず。
毎朝、5:45にアラームセットして、
二度寝して、5:50のスヌーズでおきて、
6:00になって慌てておきて(笑)

6:10とか6:15ごろに走り始めるw

最低6キロ。最近は10キロ。多くて12キロ。
走れちゃうんですねw

でも、なんか、梅雨ゆえに、辛くて。股関節。
膝も、腰も。
痛いですw が、なんとか、生きてます。

そろそろまじめに、「股関節の主治医」に会いにいきます・・・(;;)

_____________________________

<<「食育」科学実験ボランティア、やってます。>>

_____________________________



キッチンの科学プロジェクト(KKP)


012.png

「食」と「科学」を組み合わせたあたらしい、「食育」活動。
主に、子どもたちに、「食」をテーマにした、科学実験教室やってます。
〜「科学」を通じて、「食」の大切さを伝えます〜


10289878_757841724359990_3086618596352127690_n-1.jpg
出前授業はどこでもやるので!(営業ww)

この前やった、高校生向けの
実験教室。
「パンケーキを科学する!」

1222211.png

重曹とベーキングパウダーのちがいは?

11412336_1185942528098682_3053379732808215400_n.jpg

みんなでパンケーキ。

11138490_1185942524765349_7475435978058651873_n.jpg

ふっくら!厚焼きふわふわパンケーキの完成です♡




_____________________________

  <<彼氏と別れました。>>

_____________________________

三年ぶりに、「つきあう」という行為をした。
25年間で、一番、素敵な、恋だった。お互いを愛し合っていた。
たった、二ヶ月。遠距離。でも、でも、私は、幸せだった。
わけあって、別れることになったけれど、(私が一方的に。ごめんね。)
お互いが、幸せになる、道、だと、思ったから。
素敵な恋をありがとう。
これ以上の、恋が、できるか、って思うくらい不安だけど、
私はまた、生きていきたいと思います。
>私を支えてくれるみなさんへ
素敵なヒトがいたら紹介してくださいな!(他力本願ww)


そんな今、定時出勤、定時あがり。自炊生活。
ちゃんと「食べること」を向き合い始めました。
圧力鍋。絶賛大好きです。





さてさてさて!!!
今日の本題に入りましょうか。


_____________________________

  <<摂食障害と、私。>>

_____________________________



摂食障害になって、5年目。

0)大学2年のときに、ダイエットにはまりはじめて、
1)大学3年のときに拒食になって、生理がとまって、
2)大学4年のときに過食と過食嘔吐になって、
3)大学院1年のときに、精神科に通い始めて、
4)大学院2年のときに、一年つづけた精神薬をやめて
5)社会人1年のときに、過食嘔吐が再発して、
6)社会人2年のとき、・・・イマココ。

最近の、摂食障害の状況は、っていうと、

・・・・・<治っていると思う傾向。>・・・・・・・
○拒食、過食に、そこまでこだわらなくなってきた。

○過食に対して、罪悪感を抱くのを、やめた!
(とはいえ、次の日の拒食はよくあるパターンww)

○「過食発作」に対してのコントロールが、うまくなってきた。
例えば、部屋に、常備、お菓子はおかない。
冷凍してある、自分でつくったパンだったり。
(ベーグルとかつくりおきしてる。卵もバターも使わない低カロリーで
噛みごたえがあるしね。)
あと、大根の酢漬けとか、菜っ葉とか、
そういう、「過食しても身体に全然いいもの!もはや過食推奨!」的なものを、
冷蔵庫に常に常備してる。
今も、「鮭の頭」(圧力鍋ですべて煮たやつ。カマの部分。めちゃおいしい)
に、「おから」と「のり」かけて、もぐもぐしてる。


・・・・・・<まだ、しんどい、傾向。>・・・・・・・
○「過食発作」は、ある。
今日なんて、帰りがけ、デパ地下の試食用のチョコをひとかけ、たべたら、
血糖値ががーん、あがって。もう、何か、食べたくて、仕方なかった。
目の前にある、スーパーの中の、パン屋さん。でも、過食スイッチ!オン!になりそうだったから、
あわてて、スーパーの別のコーナーでうろうろしてて。
昨日もそういう状態だったな。慌てて、”福豆(いり大豆)”を、二袋かって、食べたんだっけ。
最初、100円のお魚ソーセージかな・・・って思ったら、群馬県産のトマトが、中くらいのサイズで、
壱箱198円で売ってて。こぶしより一回り小さいトマトが、8個くらい、泥付きのまま、入ってた。
それを、買った後、泥付きのまま、丸かぶりしていた。しかも道路歩きながら。
家に帰るときには、残り、一個だった。
そう、過食発作。

日曜日は、夜、寝る前に、
冷蔵庫になったお弁当ー1つ650kcalのお弁当を、気づいたら、二つ、ぺろっと食べてた。
(ああ、もういいや・・・食べたい)的な感覚で。

○食べるのが、怖い。

○間食の音が気になる。


・・・・・・・

といいながら、
○まぁ、いっか、って感じ。

  (笑)

さて。
このサイトに投稿したのがきっかけで。

なんと、「摂食障害」について、記事を書いたら、もう少しで30万PVに
突破しようとしている。
01.png

そうしてつながった、大切な、大切な、ともだち?同士?

最近、摂食障害関係の、イベントをやろうと、
摂食障害仲間と一緒に、企画をしていて。
そのなかの、大切な、メンバー

「まほろちゃん」が、ブログを書いていて。


1232321.png

久々に、読みながら、泣いた。

私の、心の中の、感情が、溢れ帰ってきた。

ひさしぶりに、パソコンを立ち上げてみた。
想いをうまく、かたちにできるか、わからないけれど、やるだけやってみようと想う。


最近「言語化」していない私が、どこまで、文字に出来るか、分からないけれど、
彼女の力を、心憎く思いながら、
彼女の言葉につけたしをする感じで、私も、書いてみようと思う。


・・・・・・・・・・

って、思いながら、結局かけない、私w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

********************************

>摂食障害は甘えだとゆわれたことがある。

>たしかに、女の子の誰もが一度は「痩せたい」「綺麗になりたい」って思う中で、わたしだけがこんな風になっちゃったのは意志が弱いからかもしれない。わたしが自分に甘くて、逃げてるだけなのかもしれない。

>でも今や50人に1人がなっていると言われる、摂食障害。完治は難しく、2年までの完全回復は0%、5年までの完全回復は30%、10年の追跡期間で完治は50%しかないといわれてる。死亡率は7%で交通事故よりも高い。 

>最近は中年男性の摂食障害者も増えてるし、スーパーやコンビニでの買い物なのに1食4000円分の菓子パンやお菓子を食べる女子中学生もいる。

>お金がなくて、食べるものを買うために風俗で身体を売ってる人や万引きや盗みをしてまで食べる人だっている。これらを擁護するつもりはないけど、それだけ「普通」に食べれない人がたくさんいる。

>みんなが家族で食卓を囲んでる今も、泣きながら自分の指を口に突っ込んで吐いてる人がいる。恋人との特別なごはんを食べてる今も、耐えられない下剤の痛みを自分の腕をかみながら我慢してる人がいる。友達と楽しくご飯を食べてる今も、太りたくないのに止まらない過食に死を決意する人がいる。

********************************

本当に、本当に、彼女の言う通り。
彼女のこの、この言葉を、読みながら、一人、涙が出そうになった。

「普通」に、食べれないヒトが、たくさんいる。

「普通」に、朝、会社にいくのが、しんどいヒトが、いる。

「普通」に、朝、起きれないヒトがいる。



先週の、金曜日、はじめて朝、本気で8:30におきた。
朝一度6:00に起きたのに、二度寝したら、その時間。
その日はたまたま仕事が出張で現地集合だったから、都内に住む私はなんとかよかったけれど、
正直、ショックだった。ここまで、自分の身体がここまで悲鳴をあげていると思ったら、ショックだった。

・・・・・・・・




おととい、会社で、過呼吸を、起こしてしまった。
ショックだった。
最近は、頭痛くて、吐き気がして、食べれなくて、でも夜に食べて。
あと、股関節、だけでもなく、膝も腰も全て痛くて(涙)
そんな毎日だったんだけれど、
それは低気圧のせいで、低血圧のせいかな、って思っていて。
今日は晴れていて、(久しぶりに”元気”ってこういうことなんだな!)
って思っていたからこそ、ショックだった。
午後一に、上長からの、新人用の私へのアドバイス、を見て。

私は過呼吸っていっても、
「辛いよ!」「助けてよ!」
って、あらわす、シグナルだった。

今回は、その、ストレス的なシグナルがかかって、慌てて、
トイレに逃げ込んだんだけど、トイレで、まさかの、「過呼吸」発症。
ショックだった。
ああ、過呼吸って辛いんだ、って久々に、実感した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

11261793_1185942531432015_795770873492658802_n.jpg

6月に入って、正直、苦しかった。
何度も、摂食障害の仲間に、

「もう、限界だよ」
「ちゃんと、身体と、心の声をききな」

って言われてきた。でも、仕事だから、大丈夫って思ってきた。

そんな感じだった。

最近は「かんじょう」=「感情」と、向き合うことを忘れていたから。
今ももやもやして帰ってきながらも、
床のフローリング書けて、台所の圧力鍋洗って、
昨日煮込んだ鮭をタッパーに入れて冷蔵庫に保存して。
家帰ったら、まずはシャワー浴びて、ごはんたべて。
洗濯するか、掃除するか、お弁当用におかずを整理するか、そんな毎日。
まずは、家事をやる。それで、なぜか、すごい心がすっきりする。

そうすれば、仕事のストレスなんて、忘れられるから。
ーーーー感情なんて向きあうだけ、損ーーーー

愚痴は、愚痴として、言霊にしないほうが、美徳。
損しない。

社会人になって、2年と3ヶ月。会社では、そうやって、教えられてきた。
だから、家では、何か、する。
それによって、ほんのちょっと、すっきりする。
そう、そんな毎日・・・・・


・・・・・・・・

だけど、
ここままでいいはずがない。


ちょっと、あるメールをみて、
みるみる、感情が溢れ帰ってきて、
過呼吸起こしたのね。




たとえ、私が、
「社会人、としての自覚を忘れている」なら、そう、思ってください。

いろんな見方があることを、知っている。

そして。
・・・・私は、”こども”、も、尊敬しているから。
それが、食育をやっている理由でもある。

経験がないから、何も出来ない、っていうのは、極めて失礼だと思う。

ふと、思ったのが、たとえば、今。

私は★★★★「食育科学実験ボランティア」★★★★をやっていて、

122222.png



いつの間にか、共同代表という立場で、
後輩がたくさんいて、「代替わり」は、まだするつもりもないけれど、
それに値するように、仕事も託してるし、少しずつ、分担もしている。
やっぱり、人間だから、「これはこうしてほしいな・・・」って思うことも、ある。
でも、でも。それは、単なる年齢が違うからであって。
彼女たちが、心の底から、頑張っていること、もがいていることを、知っているから。
彼女なりの、自由で斬新で、素敵な想像力、発想に、心から感動しているから。
逆に、彼女たちが、まわりから怒られるのは、私の指導力不足。そう思っている。
「ボランティア」としての、「プロ意識」を、養いつつも、「笑顔」でやっていきたい。

12222222.png

・・・・・・・
だからこそ、私は、頭ごなしに指導したり、偉い立場で言われるのが、苦手だ。
こどもも、大人も、一人の人間だから。
お互いに尊重し合うべき存在だから・・・・

って、話は、それちゃったけど。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  この病気が、理解されないこと。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たとえば、書類の誤植に気づかない・・・・それは、うつ病だったり、摂食障害経験者が
後遺症として残っている、注意力の散漫というか。

まずね、私の脳は、一度萎縮しているんですよ。
→補足:拒食のヒトの脳はMRIで撮ると、アルツハイマー型のように、萎縮してるってやつ。
何せ、34キロまで落ちたんですからw

結局ミスするわけですが、
一方で、「わざとやってるんじゃない?」とまで、誤解されても、おかしくない。



理不尽すぎて、理解されないって、いう話。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
そう、孤独感。

それによって、もっともっと、不安になる、というマイナスなサイクル。


・・・・・・・
摂食障害のことに関して。

「過食は自分でコントロールしなさい」

って、諭された。

すごい、すごい、憤りを、感じた。

だから、
今、あえて、拒食になった。

「あなたのいう意味は、そういうことなんでしょ?」って。



・・・・・・・・・


正直、ヒトが病気になった時。

摂食障害患者に、関わる、周りのヒトは、すごい、辛いと想う。
私の母、家族には、大変申し訳なく想っている。

せっかく、お母さんが、愛情を込めてつくってくれた、お味噌汁に対して、
”油揚げ”が入っていただけで、
「いらない」と拒んだ。

なのに、その夜は、バターいっぱいのクッキーを、ひたすら台所で食べていた。

自分が太るのが怖いから、周りのヒトには、あえてカロリーの高いものを食べてほしい。
自分がカロリーの低いものを食べるとして、そうすれば、
「周りのヒトがこれだけ食べている一方で、私はこれだけ!」っていう安心感が芽生えるから。

そうやって、周りのヒトを、巻き込んでしまう、この「病気」。

だけど、だけどね。

  当事者=摂食障害の本人  は、 一番、 辛いんですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




「働く」ことも、
「食べる」ことも、
それだけで、精一杯な人たちが、いる。


私は、

精一杯、今を、生きている。

この一瞬一瞬を、歩いている。走っている。

何より、その「大切なこと」を、知っている。

・・・・・・・
そういう意味で、普通のヒトと、生きる”次元”が、違うのかもしれない。
つまづいて、怒られて、何が悪い。

私は、「変形性股関節症」を通じて、歩くことの、素晴らしさを知った。
走ることは、夢だった。

朝起きて、体調不良のなか、ストレスかかえて、会社にいって、
頭痛、吐き気、眠さ、だるさ、そういうものと闘いながら、
(ちょっとだけだけど)仕事して。
家に帰って、すごく、ほっとして。
シャワー浴びて、ほわ、っとあったまって。
ベッドの上で、ぬくぬくして。

朝おきて、寝坊しながら、公園走って。
道行く人たちと、「おはよう。がんばってるね」と、おじいちゃん、おばあちゃんに
声をかけてもらって。

それだけで、しあわせ。



・・・・・・・・・・・・・・・・


私は、私として、生きている。


誰かが、いろんなことを、言う。
でも、一番大切なのは、
自分の人生を、自分で、信じていくこと。
そうやって、未来を創ること。

自分が、幸せな状態で、いること。

・・・・・・・・・・・

私は、摂食障害を、「生きるために」やっている。

ありのままを受け入れる。



・・・・・・・・・・

この前、摂食障害の講演会に、行った。
というのも、この本を、読んでから。

★★★★★★★★★★★


1232323232.png


心のよりどころ。
信用できるもの。それが、摂食障害。
今の苦しみからのがれたいがために、食べる。体重が増える、不安。

治りたいはずなのに、太るのが、怖い。
治りたくない、という矛盾。

それに対して、一般的な理解は、まだまだ、ほど遠いであろう。

残酷だと思う。世の中は。


ーーーーー私の価値は、何キロですか???ーーーーーーー

痩せてれば、ダイエット成功すれば、「すごーい!きれいになったね!」といわれ、
太ったら、「ダイエットだ!とか、メタボ!」と、いわれ。

でも、ぽっちゃり、とか、やせ形って、
食べる、食べない、の前に、ある程度、【体質】で決まってると思うんですよね。

この本で、
歌手のジェニーさんが、歌う、歌詞のひとつ。

>>>「あなたには、価値がある。」

会社の上長へ、質問したいのです。

_____「私は、価値がある、人間ですか?」って。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
信じられない、
死にたい、
情けない、
生きる価値がない、
悔やまれる。


・・・・・・・
今は、私は、「死にたい」とは、思わない。
でも、5年前、本気で、そう思っていた、時期が、ある。

今は、辛くて「逃げたい」「実家に帰りたい」「そっと消えたい」
と、思うことは有るけれど、

それでも、

 「信じていきたい」と強く思う。

 そう、思う、自分がいることに、ビックリしている。



・・・・・・・・・・・・・

私は、
社会人として、
この環境で、働いていていいのか。

どういうことに困っていて、
どういう助けがあればいいのか。

それを伝えたところで、理解してもらえるのか。

今降り注いでいる雨と一緒に、私の心の中も、泣き模様だったりも、する。

今にもはち切れそうな、想いと、だるさ。
それは、ストレスを誰かに理解してほしい。
そういう感情のしるし。
こういった信号を出しながらも、私は、それを、隠してきた。
気持ちや考えが、非常に混乱する時、
「感じたくない」
「感じてはいけない」という気持ちを、抱く。

・・・・・・・・・・・・・・


今日、初めて話した。

摂食障害に関する誤解ー
それは単に私が伝えていなかっただけだから、誤解も何もないんだけれど。

正直、ショックだった、ってことも、いっぱいある。

誤解。
私が、事故起こしたこと、反省していない、とか。

ヒトによって、本当にたくさんの、解釈がある。

・・・・・吐き気、めまい。頭痛。

この症状がある、私に「無理しないで」と言ってくれる優しさ。

一方で、
これらの原因の理由は、
・・・・・私なんて・・この部署にいる意味なんだろうな・・・
とか、
・・・・・私なんて、仕事もさせてもらえなくて、迷惑かけて・・・

っていうの、 「自尊心の低下を引き起こす環境」ってことに、
気づいていますか?




「難しい」ものは、「難しい」。
「難しい」と思うことで、もしかしたら、克服できないのかもしれない。
でも、
「難しいこと」は「難しいこと」なんだから、変わりない。


私にとって、
摂食障害は、立派な個性。

ヒトなんだものの
人間なんだもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、初めて、自助グループにいってきた。
すごい、素敵なヒトたちがいた。
社会人のヒトで、「働くのは辛い」って、泣きながら、話してくれた子がいた。

すごい、伝わってきた。

すごい、すごい、自分の感情が溢れてきて、泣きそうになった。

そう、
辛いんです。

何が辛いか、って

・・・・「摂食障害」が理解されない、この社会が。

周りの目をすごい気にするし、
ちょっとのミスですごく自分のことが自己嫌悪になるし、
いろいろ考えちゃうし。
・・・・・・・・・

それでも、頑張って、生きているわけですよ。

わたしたち、摂食障害の、人たちは。

「私は、こうなんです。」
「こういう、病気なんです。」
「すごい、誤解されやすいんです。」
「でも、でも、分かってほしいんです。」
「こうなんです。分かってください。」

・・・・・パスタを食べると、吐きます。
・・・・・吐きたくて、吐いているわけじゃないんです。
・・・・・本当は、食べたいんです。でも、食べれないんです。
・・・・・あなたと一緒に食事を食べるのが、怖いんです。
・・・・・フランスパンなら食べれます。でもクロワッサンは食べれません。

すごい、理解しにくいと想う。
矛盾だらけの、この病気。

でも、でも。
「辛いんです。」
「私の、SOSに、耳を傾けてほしいんです。」
「愛されたいんです。」
「治りたいんです。」

みせすの仮説でしかないけれど、
その想いが、1つもない、摂食障害の子は、いないのだろうと、想っている。

・・・・・・・・・・・・・・


私は、
社会に、発信したい。

一般的な、「摂食障害」の、偏見を、なくしたい。
摂食障害だって、生きていける。抱えていきていく。

もう5年もかかっているんだもの。

摂食障害の症状は、
出たり、出なかったりする。

完全に完治して、
**学業に復帰しよう!とか、
**初めて就職しよう!とか、

それって、全くもってちがう。
高校、大学、就職活動、社会人・・・そこででてくるストレスに対して、
どう対処していくか。

一人の力じゃなく、まわりのヒトの力を借りていい。
辛いときは、「辛い」って、言っていい。

自分を痛めつけることなく、
「私」が、「私」らしく、生きていければいい。




・・・・・・・・・・・・・・・


と、いろいろ、もやもやしたことを、
久々に書きましたが。

ちなみに、こういう、会社とか、社会のモヤモヤな悩みを、
【精神科の主治医】に話したときに、
「やるせない怒りって、社会人っぽいね(笑)」と、苦笑いされましたw

そして、
「みせすって、本当に、サラリーマン向いていないんだろうね笑」

ちょwww先生・・・・w

みたいな関係です(笑)

摂食障害になって、後悔したことはいっぱいあるけれど、
本当に素敵な、主治医の先生との出会いだったり、

何より、摂食障害との仲間。絆。
一回話をするだけで、
電話をするだけで、
共通項が多い故か、意気投合できる。つながり。



そういう、出会いに、本当に、感謝している。


11059586_1185942438098691_8573477923775172783_n.jpg


摂食障害をかかえながら、「研修医」として頑張っている、バタ子。
大切な、大切な、”同士”です。



私は、

「摂食障害」を、抱えていることに、全く後悔していない。


今までの人生に、後悔していない。
(っていったら嘘になるw浪人したかったwwでも、きっと今の人生歩んだんだろうなって想うし)

だって、「摂食障害」を経て、

たくさんの大切なことに、気づいたから。

いっぱいの、幸せを、もらったから。

今こうして生きていること。
食べれること。
食事の大切さ。
泣いたり、笑ったり。そんな気持ちの整理すること。
いろんな感情に、繊細に、耳を傾けること。
頑張っている、辛いヒトの気持ちに、寄り添うこと。
いろんなヒトと出会って、つながっていくこと。
10958815_1185942441432024_624181471123703299_n.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・
みせす。
ちゃんと、生きてます。
呼吸して、脈打って。
そして、眠たくなってきて。

一人暮らしのおうちが、大好きです。

今日ほど、とりとめのないブログを書くのは、久しぶりだろう。

それくらい、「摂食障害」が、私の中、で、昇華できていなくて、
うまく、言葉に表せないってことなのかもしれない。

・・・・・・・・・・


本当に、お願いです。

----------摂食障害でも、
————— 普通に、扱ってもらえませんか?

私は、病気を抱えているけど、
普通の、人間なんです。

恋をして、ウキウキして、失恋して。
友達に電話して、慰めてもらって。

支え合って。

涙して、笑って。

感情の起伏は、激しいかもしれないけれど、
頑張るときは、頑張るんです。


・・・・・・・・

私は、諦めてない。

「私のよさ」ーヒトが好きで、ヒトを想っていて、感情豊かで、
天真爛漫で、笑って、泣いて、喜怒哀楽激しくて。
愛して、愛されていて、幸せで。

私らしく、人生、生きていけるってこと。
私らしく輝ける場所が、いつか、きっと、くるってこと。


私にとって、キッチンの科学プロジェクト(科学実験ボランティア)は、
私が、私らしく、いるところ。
メンバーのみんなに、心から、感謝している。

12222.png






今日、朝走りながら、
久しぶりにケツメイシの曲を聴いて、
涙が出そうになった。

****************
周りがなにやら走るから
何となく 走るこれに限る
と思う自分と そうではない自分
それもまた 気まぐれその日の気分
らしくない自分に 延々後悔
人であることは なんてめんどくさい
そう思えるだけ 素晴らしい
だから心思うまま 叫んだらいい


何時からだろう 僕らが嘘に慣れ過ぎて行ってしまったのは
嘘に気付いても 気付かないふりをするのは 僕は疲れたよ
だから目を見て 手を握り返すよ
今 目を見て 手を握り返すよ

(ケツメイシ/♪心の声)

*****************


ヒトなんだもん。

辛いことがあって、叫んでも、いいじゃないの?

笑って、泣いて、支え合って。
それで、私らしくいれれば、いいんじゃないの?

そんな、大切なことを、教えてくれた、摂食障害。


11535669_1185942521432016_1064770446018081454_n.jpg


安田先生の、摂食障害の講演会で、
「摂食障害エドと別れる日」の、CDの曲がながれて、
私は、号泣したの。

******************

Life without Ed is waiting here for you
Be strong keep the faith and you'll see it coming true
You don't have to just pretend
All the pain can really end
You deserve more than the lies that you've been fed
You can believe in life without Ed

<日本語訳>
エドと別れる日 きっと来る
勇気を出して 信じてみるの
もうフリなんてしない
苦しみは終わる
あなたには 価値がある
信じて エドと別れる日


(♪Life without Ed / Jenni Schaefer)

************

この曲を、うまく聞き流せなかった。2週間前。

それから、いろんな辛いことが会って。

でも、やっと、昇華できてきた。
今、やっと、この曲を、パソコンに取り込めた。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
「あなたには、価値がある。」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


社会人として、
実際に、会社では、私は、価値がない人間なのかもしれない。

本当かどうか分からない。

でも、正解がない、この世の中だからこそ、
信じることで、
いつか、変わるなら。

私は、
信じたい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「私には、価値がある。」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
って。


信じることが、一番、苦手だからこそ、立ち向かう。

ーーーー信じる。ーーーーー私には、価値がある。ーーー

私は、信じてみる。



・・・・・・・・・・・・・・・


生きる。

生きていく。

私が、ありのまま、でも、「価値がある」と、思ってもらえる、世界が、きっとある。

だからこそ、無理しないで、そして
胸はって、生きていきたい。

みせす、らしく。笑顔で。




10407891_1185942431432025_5309790446224107943_n.jpg


「みせす」を、支えてくれる、大切な、みんなに、

心からの、感謝を。

本当に、ありがとう。

そして、これからも宜しくお願いします。





Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク