*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
4th opinion(mixi引用)
mixi引用日記フォースオピニオン
2008年10月05日23:30
横浜市立病院I先生
7:30に目覚めたのは良いが、8:29高尾の電車にdashで乗ってー
市大医学部前についたのは10:22!
10;30まで初診受付だったので本当に死ぬか、の勢いでしたw

ってか大学病院まじすごい!
最後の会計が自動支払機なの。ATMみたい☆
そして、個人情報の関係で、
各科にある大きなdisplayに、「今稲☆先生の診察室では、○人まっています」とか表示されて....そして呼ばれるときも整理番号で呼ばれたりするの。
まぁ結局分かんない人がいて名前で呼ばれるのがオチなんだけどねw


そこでー待たされー
まぁもう大学病院とかで待たされるのは慣れているんだけどさ、
今回は診察まですべてが終わったのが14:30です。
10:30~14:30。。。実質4時間?まぁそんなもんだと思っているからねw
でも診察が実際に最初20分、そのあと40分だったから待った甲斐があったね!
だって5分診療じゃ流石に割にあわないでしょ。
しかも!!准教授ーwその部位のチームのトップーwやったね☆★☆★
最初の診察は、卒業したての女医だったんだけどさー。ちょっとなんとなく無知そうに見えたからいろいろ専門的なこと聞いてみたwそしてレントゲンを挟んで先生が代わり!カルテには”紹介”(他の先生から他の先生への紹介ね。)ってばっちり書いてあるのを見ましたよ!

そんで、まぁオペの話。
新しい見方をたくさん知りました。
見解の違いから知る自分にとっての価値観の絶対性。
まぁ流石にオペしないっていう回避法はなかったけどねw

自骨オペをするのは私にとっては前提だけど、Dr.はその前から話してくれる。
でも、
その中で、言われたのが、
「オペすると決めたなら何を躊躇しているの?」
「やるのなら、すぐやらない理由はない」

今回は、都民の日っていうことを自然時間がせわしなかったから、一人で診察うけたんだけど、
やっぱり自分のこととは言え、一人は流石にキツかったです。
いくら自分のことといえ、自分の体に起こることすべての責任をもてない。
体と精神はぶっちゃけ分離していて、(「わかっているのに行動できない、」ってやつ)
コントロールしやすい方の精神すら自分は管理できない。
なのに体は着々を悪くなっている。どうしようもない。どんどん穴が広がっていく。
たぶんどんな治療法を選ぶのかって、私次第だし、親や医師は自分自身より早く年老いちゃう訳っしょ?将来のことだってわからないし、オペが成功するという仮定で話しているわけでなんにも言いようがないよね。正直。
一番痛かったのは、
治ってほしいのはやまやまなんだけど、でも今の現状だって別に不満足じゃない。
第一、死ぬ病じゃないし。それをしなかったからって、当分は別に普通でしょ?
予後は悪くなるけどね。
そんな気持ちがずっとあった。
"自分は足が悪い。先天性の病だ。"
19年間、その想いをずっとひきづってきた。でも正直、いつの間にか開き直っていた自分がいた。
逆にそんな状況を利用しようとしていた自分もいた。
[病気は個性だ]
よくそんなことことを聞くけど、私は個性にしないでそれを変な武器にしていた。
「足が悪いから○○だ。」
とか。
もちろん、それを+にいろいろ考えたことも有るよ。
「病気をもっていても普通の人と一緒に歩いて走れるようにがんばる、がんばりやだ。」
とかまぁその他いろいろ。
だから早くオペしてそんな状況が変わるのを一番恐れていたし。
それと同時にオペしても将来絶対安心、とは限らない。オペしても治らないかもしれない。
そんな気持ちにも逃げていた。
どうせオペしても進行するならば、今オペしたくないしね。


ずっと個人的なことを悶々と語ってきたけど、
そのDr.の一言が、私自身の生活に置いて、がつんと来ましたね。
オペにしても他のことにしても。
ずっと自分のことから逃げていた。

それは言い訳をつくっていることもあったけど、何よりも状況が変わることを厭うから。
私は不器用だからのが一番大きいのかな。
勉強も、レポートも、サークルもバイトも。
deadの延長という人の前に甘えすぎていて。

でもそれじゃだめだったんだよね。

恐れないで以下に新しい世界に飛び込む。
駄目なら新たな可能性を開拓する。
失敗を恐れない。
それは、新たな成功を生み出すために、失敗のトラウマを消す第一歩として有るんじゃないのかな。

今回の日記結局何が言いたかったのかはわからないけど、
何のために日記を書いているかわからないけど、
自分が何をしているのか疑う日々が続くけど、

それでもそれは無駄じゃなくて、
そして毎日いろんなことを思って、その中でやりたいとおもうこと、やりたいことそれを
躊躇せずに形にしてればいいんじゃないのかな。
こうして振り返ることで自分のことが見えてくる。
言葉にして、思いを整理する。



PS>だんだんと,決めてきました。
いろんなオペがあるけど、一番信頼できるDr.のもとで受けたいと思います。
だって、Dr.も人間だから。
人間と人間のかかわり合いが社会の基礎だから。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク