*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
退院騒動w詳細。
退院騒動の詳細を書きます。

20日希望で、
でも親が17日になって、いきなり、24日希望にして、
そして前日の午後になって、
20日になった、っていう騒動。

そこに看護婦さん総動員して、行方不明騒動も入り、
カオス状態巻き起こしましたころいどです。
立つ鳥跡を残す?
やはりまだ所詮19歳でした(><;;)



3/17まで。退院は20日に。
親と、大好きななおお姉さんにもそう伝えてある。
パパ先生から正式な退院許可はでてないものの、
医学的には退院OK,「こころの覚悟ができたら」ということで・・。





3/17夜。
親から一通のメールが。
sub :退院
main:彼岸あけ、大安24日はどうですか?

え!?

なおお姉さんと電話。
たしかにまだこころの覚悟が出来ていなくて、、、
24日で悩む。
なおお姉さんには、20日を強く勧められる。
夜看護婦さんと、障害者用トイレで退院にまつわる、ガールズトーク(笑



3/18
(朝)
小悪魔K・PTに相談。
金(祝日)土日を挟むため、24日でもリハ的には変わらないのでは?
20日に退院することを強く決意。
「心の覚悟」をつける。


(昼)
親から24日を強くおすすめされる。
父親と母親と電話。
早く帰ってきても、介助の心配もあるので、24日はどうか?と。
自分の想いと両親の想いにずれが。
逆ギレし、親の判断をまつ。

(夜)
自分の希望で、20日に仮決定。
あとはパパ先生の正式許可を待つのみ^^



3/19
(朝)
朝のバイタルチェック。
「結局20日になったのね。」と主任さんに^^
しかし・・・
親から一本の電話。
「急遽注文の仕事が入って、こられるかどうかわからない。」
「24日ならありがたい。」
そう言われて、拒む子供・・そこまで甘えられないのかなぁ、と。
妥協してしまう。

渡り廊下で、パパ先生の秘書Oさんに声をかけて頂く。
股関節センターが軌道に乗るように、奔走していらっしゃるそうで。
しばしのお話タイム。よかったら関節センターに遊びに、とのお誘いを頂く。

(昼)
12:30
AAOのオペを控えた30分後に控えたパパ先生が病室にご登場。
「24日になったんだね。」
「その日でも大丈夫ですか?」
「もちろん。医学的には退院許可でているから。
リハビリ、無理しすぎないでね。」


14:00
AAOオペに向かうラガーマンを送り出した後、
看護師に外のお散歩のことを、伝える。
外のお散歩^^
桜の木の下で、泣きまくる。

・もう、パパ先生にも伝えた事で後には引けない事
・親に、20日退院の自分の意志を貫けなかった事
・今更になって、20日に退院したかった事
・これまで20日退院を目標にリハビリ頑張ってきた事
・なおお姉さんと一緒に、帰りたかった事
・14日前、不安で、怖くて、手術に向かっていて、、、
そして、今術後の自分がいて、仲間を手術に送り出せるようになったこと

ものすごく・・・とにかく自分が嫌いで
辛くて、悔しくて。
すべてに、ただ、泣いていました。

そこに、、、勤務を終えた、同じ病棟で、チームの違う看護婦さんがいらっしゃって。

話を聞いて頂いて。。。。
本当に、嬉しかった。。。
心を取り戻し、一段落。
その看護婦さんにわざわざ送って頂き、
目を赤くしたまま、病棟へ。

明日には、なおお姉さんがくるので、
どちらにしろ、外出許可を頂こうと、看護婦さんに相談。
朝とお昼の欠食をお願いしました。

その後・・・外へ行こうとするものの、
股関節センターの鍵が開いているのに着目。
おや、と思いつつ、朝の出来事を思い出し、
股関節骨切り・人工関節センターへ。
そこでパパ先生秘書Oさんとお話して・・ひつまぶし情報ゲットしてー^^


そのころ。。。。
病院内では、一大騒動。
ころいどがいない!?
池に飛び込んだ!?
転倒してどこかに埋もれている!?
整形病棟の看護婦さんを総動員して、捜索作業が続いたそうです。
車まで出したそう・・・・。


・・・・・知らずにOさんとお話しているころいど(笑)
携帯で連絡が。

親から。
sub:Re:
main:今からいきます。

なんのことだかさっぱりわからず。


看護婦さんに発見され、
そして、連行w
そのとき、初めてその状況を、知りました。


そして。
私の泣きべそな様子を見かねて
看護婦さんが、
親に一報連絡くださったそうで。
そして
急遽午後親が群馬を出発し、
20日退院が、現実可能に。
※親は20:00すぎにこちらに到着。




その後、自粛w
シャワーをあびて、ベッド上で・・・。
行方不明騒動に巻き込んでしまった小悪魔K・PTが
様子を見に来てくださり、
そして、退院の事を話す。

17:00すぎ。
小悪魔な白衣の天使、K・PTとの挨拶。


(夜)
19:00ちょっと前。
オペを終えた、パパ先生、ご登場。
「泣いちゃったんだって?」
「20日に退院したい、っていってたもんね。」
20日退院の正式許可と、今後の注意をしていただきました。
急遽の変更で、ほんとうにごめんなさい><;;
明日は祝日なので、会えないだろう、ということで、
入院最後の挨拶。
ころいどのラブレターを渡し、写真をとり^^


そして、一段落。
病棟のみなさんにも、挨拶をし、。。

20日退院・・・・
こんな感じで急遽決まりました。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございますm(_ _)m


たった4日、
されど4日。

・自宅に帰る=早期リハ
・なおお姉さんと一緒に帰れた事。

人ごみの中で杖をつく事や、
休むタイミング、
イスに長く座る事、
乗り換え、
車いすの借り方。

20日退院で、一番大きかったと、今感じる事だけど、

本当の4日間の違いは、

明日、24日に、
分かると思う。





なおお姉さんからの、言葉。

>そのときは一生懸命だから、
>周りは見えないんだけど。
>退院して、一歩下がると、見える大切なことが多い。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

ころいど/みせす

Author:ころいど/みせす
*群馬県太田市出身
→東京の薬科大学を卒業@2012
→群馬の大学院修士取得@2014
→2014年4月~都内社会人。

*1991年股関節脱臼(生後3歳)
*2009年臼蓋形成不全
変形性股関節症進行期
 CE角(正常+30°~)
 左-22° 右+16°
→2009/3/5に左股関節骨切り手術「AAO」
(当時大学2年春/19歳)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*現在
【左既術性形成不全股関節症】
経過観察中。術後7年経過。(2016年4月現在)

オペ後に体重管理をしようと、
大学2年〜自己流なダイエットをしたことにより、
*摂食障害歴(拒食,過食嘔吐、過食、無茶食い)
6年〜

★メールは
kaneko.hiroko93★gmail.com
↑★を@にかえてね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
変形性股関節症の方へ
カテゴリ
検索フォーム
リンク